根管治療(歯の神経の治療)の記事一覧

穿通(神経の管の先端まで器具を通すこと)は必要か?

投稿日:2018年2月21日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

穿通とは、神経の管の治療をしているときに、器具を神経の管の先端まで通すことを言います。

私のクリニックにも、他院様から

「穿通できないから見てほしい」

という依頼がよくきます。

いつもご紹介していただいている先生から、

「病変が大きく、穿通できないため、お願い致します。」

とのご依頼をいただいたケースです。

よく見ると、根管の続きがみえております。

実は穿通できないケースの1/3くらいは、

『根管口の明示がうまくできていない』

ことが多いです。

穿通。

根管口を丁寧に整えるとあっというまでした

充填時。

湾曲もそこまで激しくないです。(ハイフレックス使わなくても出来ちゃうくらい)

 

さて、ここまでお話しといてあれなんですが、

ルンド大学(スウェーデン)の調査では、

『穿通できたケースの成功率と穿通できなかったケースの成功率に大きな開きが無い』

という結果がございまして、本当に大事なのは、

①虫歯をきっちり取ってから根管治療を始める

②ラバーダムは必ずする

③根管口をきれいに整える

④穿通は細くしなるファイルでゆっくり

⑤穿通できなくて治るケースはあることを患者さんにお伝えする

というのが大事かと思います。

穿通はだいじです(←矛盾している笑)

なぜか?

根管の長さが測れないからです。

でもきっちり、マイクロを使って感染源とおぼしきものを取ってしまえば、意外と予後はいいです。

私のブログのケースでもたまに穿通していないものもあります。

 

さて、この辺の知識の整理をしたうえで、湾曲根管のトレーニングをしたい先生に朗報が!!

このセミナーでこの辺をかなりマニアックにおさらいします。

まだ、材料屋さんに配布していないにも関わらず、2名の先生からお申込みいただいたそうで、本当にありがとうございます。

きっとこのブログをみてくれている先生なのでしょう。

会場であらためてお礼を言わせて頂きます。

 

残り8席( ;∀;)

皆様、よろしくお願い致します。

 

根尖からオーバーした異物の経過2年(神経の管から古い素材が出ている症例)

投稿日:2018年2月13日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

術前

この時点ですでに根の先から

いろいろ飛び出してますね・・・( 一一)

このようなケース、非常に難しい。

ケースによっては根尖(神経の管の出口)が壊れているケースがあったりするんですが、

その場合は、マイクロエキスかという機材で根のそとから、悪い肉芽ごと掻きあげる感じで取ってしまいます。

しかし、壊れていないケースだと、100%とれません。

先生によっては意図的に根尖を破壊する先生もいますが

除去できなかったので

そのまま充填して2年後。

左術前、右術後2年

めっちゃ治ってます。

意図的に根尖を破壊するやりかた、否定はしませんが、破折のリスクが高まりますので、わたしは6番までなら出しっぱなしで治るか賭けて、ダメなら外科で治します。

7番に関しては、外科のリスクが高すぎるので(1回抜歯しないといけない)

そのような手法も『あり』なのかもですね(*_*;

 

さてさて、アポロニア21の症例駅伝というコーナーで、4月号と5月号で私と柳沢先生が5ページずつ執筆しております!!

是非是非、クリニックで定期購読している先生は読んであげてください(^^♪

あと、3/2は徹夜会です!!

徹夜会

at内神田PMO11階

21:00~

Dr白根 CTGについて

参加費無料

いつも素晴らしい発表をしてくれている白根先生のグラフト手術の勘所をエビデンスベースにお話してくれる予定ですのでよろしくお願い致します。かなりアドバンスな内容なので、ベテランの先生も楽しめるのでは・・・?

 

あと、3/11に

SammitGという勉強会が東京歯科大学水道橋病院で行われます。

私と八木先生も発表する予定ですので、そちらもよろしくお願い致します。

お申込みは私か柳沢先生宛にメール頂けますでしょうか。八木先生でも大丈夫です。

 

あと、4/15に

ファイル除去と湾曲根管を得意にする、という実習がペントロンさんであります!!

参加費2万円ですが、昔から若手の先生から非常に反響のあるセミナーだった2つを1日で一気にやるというかなり熱いものになっております。

まだ募集始まってないかもですがよろしくお願い致します。

 

宣伝ばっかりでごめんなさい・・・

意図的再植とは

投稿日:2018年2月7日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

神経の管の治療を行ったあと、予後が悪かった場合、外科的に悪い部分を切り取る、

『外科的歯内療法』という処置を行います。

基本的には歯茎を切らせてもらい、根の先3mmを切り、神経の管に3mmのMTAをいれるのが一般的ですが上下の7番(一番奥の歯)はこれの適応外になります。

その理由は、奥すぎてマイクロスコープの光軸が届かないということが主なのですが、では7番の場合、どうやるかというと

『1度抜歯して、口腔外で悪いところを切り取る』

意図的再植というやりかたで治療します。

こちらのケース。写真右側の歯になります。

根管治療を行いましたが、治癒しません。

7番なので、再植をすることにしました

術後1年。

綺麗に治癒しております。

 

しかし、再植にはデメリットがあり、抜歯時に歯を折ってしまうと戻せないということがあげられます。

根管治療をした歯はそもそも割れやすいため、そーっと抜いても途中でぱきっといってしまうことがあります((+_+))

私もなんどかそのような経験をしたことがあり、7番の根管治療はいつも緊張します。

なるべくなら外科に頼らず治したいところですね。。。

 

セミナーのお知らせ

投稿日:2018年2月6日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

東京歯科産業様のHyflexを使った湾曲根管攻略実習+マイクロを用いたファイル除去実習をやります。

費用は20000円とかなり安くなっており、参加しやすくなっております。

ペントロンのマイクロはコスパの面でも機能性の面でもかなり定評があり、導入をお考えの先生にはこれ以上ないくらいのいい機会になることと存じます。

普段、私のブログにたまーに出てくる、湾曲しまくりのケースなどは、じつはHyflexありきな症例でして、それの使い方を皆様とトレーニングしていきたいと思います。

あと、ファイル除去の実習もやります。

徹夜会で昔よくやったトレーニングで、沢山の先生がファイル除去を覚えてくれた実績がありますので是非とも来ていただけますと幸いです。

 

お申込みはペントロンさんのホームページか東京歯科産業さんのホームページから上記のFax用紙をダウンロードしてくださいませ。

 

熱いものがしみる神経を部分的に除去

投稿日:2018年1月25日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

ふつう、熱いものがしみるときは、

『神経は正常ではない』

と判断します。

冷たいものは正常な神経でも反応します。

熱いものがしみるのは神経が死にかけているときに見られる現象です。

この症例、他院で神経をとりますと言われて来院された方で、虫歯の処置後、熱いものがしみてきたそうです。

冷たいものがしみちゃうならば、神経生きているだろうという感じなんですが、熱いものがしみているときは神経の大半が死んでいることが結構多いです。

患者さんは神経を取りたくないとのことでしたので、年齢もお若かったので、神経を部分てきに取る、パーシャルパルポトミという術式で神経をまもることにしました。

 

処置をはじめると、神経のお部屋が空洞になっており、かなり削っていくとやっと神経の生きているところが出てきました。

次亜塩素酸NaとEDTAで洗浄し、MTAをつめました

終わってみると、ほぼフルパルポトミでした。

MTAの硬化を確認するため、後日、来ていただいて、痛みと熱いものの反応の消失を確認し、

MTAの硬化確認

コンポジットレジン充填

研磨してステイニング

でフィニッシュです。

神経を取らずに済んだので、クラウンにしませんでした。

このまま神経もしなないでくれるといいのですが・・・

 

直接覆髄は自発痛などの症状のある歯髄炎には適応ではないです。

歯冠部歯髄に細菌が侵入している可能性がかなり高いからです。

そんなときにこのようにパーシャルパルポトミやフルパルポトミが行われます。

Path ways of the pulpの10Edでは子供だけに適応だったパルポトミも、11Edでは成人にも適応と記載されているそうです。(私はまだそこの部分読めていない)

その後の補綴はクラウンかレジンかで意見は分かれると思います。

クラウンでももちろんいいと思います。

 

 

レジンのことは今回は多く触れませんが、くわしくは明日の徹夜会で八木先生に質問してみてください。

1/26 21:00~

at内神田PMO ドクターブック様セミナー室

演者 八木先生

内容 コンポジットレジン

参加費 無料

今回はかなりの混雑が見込まれますのでお早めに会場にお越しください。

 

穿孔の封鎖

投稿日:2018年1月22日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

歯の神経の管は非常に細かく、不用意な器具の使用により、神経の管と関係ないところに穴が開いてしまうことがよくあります。

僕らはパーフォレーションと呼んでおりまして、昔はパーフォレーションがあいてしまった歯は抜歯になることが多かったのですが、今はMTAが出てきたので残せるケースもあったりします。

術前

歯肉から膿が出ていて痛みも強い。

膿が出てるときはそんなに痛くないことが多いのですが、この症例、膿が出ているところの他に、炎症が強いところがあり、そこが原因で痛みを生じております。

MTAで充填。

これをみると、「いったい何本神経あるんだ!?」となってしまいますがこれ、6本中、3本が人工根管です( ;∀;)

 

歯周ポケットとつながっていないため、なんとか治療してみました。

ほんとうはこんな風になる前に来てほしかったんですけどね( 一一)

 

 

さてさて、雪がすごいですね。

これから歯科医師会の集まりがあるのですが、本当にあるのかな・・・?笑

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

03-6262-3646