痛くない親知らずの抜歯

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

親知らずは抜くべきか・・・

親知らず親知らずは何が何でも抜くと思われがちですが、まっすぐ生えていて、歯ブラシも出来ている場合は残したほうがいい場合もあります。

保険診療でも、ブリッジの柱にしたり、入れ歯のバネをかける歯として使用することが認められています。

また、神経の管の治療が適切に行えれば、どこか抜歯しなければいけなくなった部位に移植することも可能な場合があります。

但し、抜くべき親知らずも多いのは事実です。しっかり歯科医師と相談しましょう。

痛みの少ない親知らずの抜歯

wisdom002炎症が起きている部位に麻酔は効きづらいです。なので、もし、親知らずが腫れて痛いときは、その日に抜歯したいお気持ちはわかりますが、しっかり、抗生物質などで腫れを引かせてから行ったほうがいいでしょう。

また、術前にレントゲンなどで方向を確認し、素早く抜くことが、術中、術後の痛みを減らすうえで重要です。

また、麻酔の針を刺す瞬間が最も痛いので、術前に表面麻酔(塗る麻酔)を当院では用いています。

CTと親知らずの安全な診断の関係

親知らずが下歯槽神経に触れている症例

ほうじょう歯科医院新日本橋では、親知らずの抜歯において必要であればCTによる精密診断を行なっております。この症例は、親知らずが下歯槽神経に触れている症例です。今までこのような症例は、危険性が伴うため、大学病院で抜歯してもらう以外に方法がありませんでしたが、CTにより、安全が確認されれば、当院でも抜歯が可能になるケースもあるからです。

口腔外科医との連携

レントゲンで診査し、親知らずを抜くと、唇にしびれが残りそうなケースに関しては、口腔外科専門医に紹介状をお出し致します。お気軽にご相談ください。

03-6262-3646