極力歯を削るを最小限に|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

極力歯を削るを最小限に

「歯を削る」を最小限にしたミニマルインターベンションを実践

ミニマルインターベンション

ほうじょう歯科医院新日本橋では、できる限り歯を削らないことを心がけて虫歯治療などを行っております。歯の残存面積は、その歯の面積に比例します。歯を削れば削るほどその歯の寿命は縮んでいくのです。では具体的にどのようにして切削の最小化を図っているのかご紹介します。

マイクロスコープ治療

マイクロスコープ

肉眼の20倍に視野を拡大して患部を確認するので、虫歯と健康な歯質の境目を正確に判断しながら切削を行うことができます。また、虫歯の取り残し等のリスクも少なくて済みます。マイクロスコープ活用のこのような利点から、切削の最小化、歯質の温存においてマイクロスコープは必需品と言えるでしょう。

コンポジットレジン治療

コンポジットレジン

コンポジットレジンは歯科用プラスチックでできている歯質補修材です。歯を削った部分に流し込み硬化させることで削った部分を修復します。ただし、コンポジットレジンは削った面積が小さい場合しか適合しません。大きく削ればつめ物が必要になります。当院ではできる限りコンポジットレジンで済むような切削を心がけております。

う蝕検知液の使用

う蝕検知液

う蝕検知液は虫歯組織のみを色染めする特殊な液体です。虫歯を削った面を染め出し、虫歯組織の取り残しがないか確認できます。マイクロスコープ切削と組み合わせることでより正確に虫歯除去が行なえ、虫歯再発リスクも低減させることが期待できます。

極小ドリルとエキスカによる切削

極小ドリルとエキスカ

歯を削る際に使用されるドリルはできる限り小さめのものを使用するように心がけております。また、ドリルではなく耳かきのようなものを使用して虫歯を丁寧に削り取る細やかな作業にも手を抜かずに行っているつもりです。すべてはほんの少しでも健康な歯質を残すためです。

MTAの活用

MTA

虫歯治療の際に神経の通っている穴(根管)に穴が空いてしまった場合や、神経に限りなく近いところまで削る必要があった際に、MTA材による保護を行っています。MTAを使用している歯科医院はまだまだ少なく、このような場合にMTAがなければ神経を抜くしかなくなってしまうでしょう。神経を抜くということは、その作業の時にまた大幅に歯を削るということです。MTAも切削の最小化に必需品といえるでしょう。

定期検診の啓蒙

定期検診

そもそも虫歯にならなければ歯を削ることにはなりません。また、仮に虫歯になってしまったとしても、4ヶ月に一度の歯科健診にて早期発見早期治療ができればほとんど歯を削らずに虫歯は除去できてしまうはずです。このように定期検診は非常に大切ですが、残念ながら日本の受診率は5%程度と言われております。当院では予防歯科・歯科健診受診の普及に積極的に取り組んでおり、日々啓蒙しております。

日本橋で極力歯を削らない歯科ならほうじょう歯科医院新日本橋

日本橋近隣でなるべく歯を削らない歯医者をお探しの方は、ぜひほうじょう歯科医院新日本橋にお任せください。どのような治療において絶対に削らないということ難しいですが、上記のとおりできる限り削る面積を少なくし、将来へ歯質を温存する治療を優先的に行っております。皆様のご来院・ご相談をお待ちしております。

トップへ戻る