詰め物・被せ物

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

かぶせ物や詰め物の選択肢

白いつめ物・被せ物に近年、科学の進歩により、詰め物、かぶせ物にも種類、選択肢が出てきました。

以前の自費治療はゴールド中心の治療でしたが、ジルコニア、二ケイ酸リチウム(E―MAX)などのセラミックで優れた白く治す方法等が出てきました。

ゴールドは非常に長期予後、適合性に優れていて、素晴らしい素材ですが、見た目が悪いですよね。

セラミックはマイクロスコープ等を用いて、適合の優れた形成を行うことで美しく、白く、長持ちが実現出来るようになりました。

また、奥歯で、隣り合う面が虫歯になると、以前はインレーといって、噛み合う面を大きく削らなくてはいけなかったのですが、接着技術、物性の向上から、大きく削らずに、最低限の切削で樹脂を流して治すという方法も可能になりました。

レジン充填

レジン充填保険診療で前歯を治す時のスタンダードではないでしょうか。

接着も年々良くなっていますし、臼歯(奥歯)に使えるものも多くなってきましたが、適応症を間違えるとすぐダメになる場合があります。

また、数年経過すると、褐線という、黒い線が出ることがあります。また、同じレジンでも、保険適応外の丈夫で色のバリエーションが豊富な素材もあります。

コンポジットレジンを活用した削らない治療

コンポジットレジン治療

通常、左のような奥歯の歯と歯の隙間の症例では、削って型取りし、右のように金属で治療します。

コンポジットレジン治療

上の症例では保険の治療では黒線の部分を削りますが、マイクロスコープ+ラバーダムを駆使することで、小さな穴ほどしか削らず、最小限の削る量で右のような治療が行えます。

Q. コンポジットレジンは割れやすいのではないでしょうか?

A.割れることもありますが、以前のものと比べるとかなり丈夫になっています。当院では、流通しているコンポジットレジンのなかで一番丈夫なものを使っています。

Q. コンポジットレジンの変色は無いのでしょうか?

A.全く無い訳ではありませんが、ラバーダム、コート剤を使うことで、かなり長持ちします。

Q. 歯は削らない方がいいのですか?

A.削ら無いに越したことはないです。金属で大きく削るより術後痛が出にくいといわれていますし、歯の体積は歯の寿命に比例すると言われていますので、削れば削るほどインプラントや入れ歯、ブリッジのリスクが高まります。

Q. コンポジットレジンは何年くらい持ちますか?

A.毎日しっかり歯磨き、フロスを使って頂ければ文献上10年以上持つことが分かっております。

Q. ラバーダムは意味がありますか?

A.接着剤は呼気の水分の影響で本来の力が発揮され無いことが分かっています。長持ちさせるにはラバーダムによる防湿処置を行ったほうがいいでしょう。

Q. マイクロスコープは意味がありますか?

A.①虫歯の取り残しを予防する ②余分に健康な歯を削ら無いようにする ③ヘリをきちんと移行的に仕上げることに有効です。

保険のコンンポジットレジン治療ではラバーダム、マイクロスコープは使用いたしません。保険治療の場合30分、自由診療の場合は1時間、治療のお時間を取らせていただきます。コンポジットレジンでは治療ができ無いものもありますのでご了承下さい。

セラミックインレー(つめ物)

セラミックインレーインレーはつめ物を指します。

メタルインレーは金属色が見え、数年後、思わぬタイミングでアレルギーが出るケースも希ですがありますので、セラミックで作ったインレーも現在幅広く行われています。

特に、近年、二ケイ酸リチウム、ジルコニア等、材料の進歩が目覚しく、予知性も高いです。

セラミッククラウン(被せもの)(自費)

beauty002クラウンは被せものを指します。

削った部分が大きな場合は詰めることはできず、削った部分に被せものを入れます。

セラミックの被せものの種類は大きく分けて、ジルコニアクラウンと、メタルボンドクラウンに分かれます。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン金属の周りに陶材を焼き付けた被せもの

メリット:耐久性が高い
デメリット:金属アレルギーの方には不向き

ジルコニアクラウン

セラミッククラウンジルコニアの周りに陶材を焼き付けた被せもの

メリット:金属を使用しない
デメリット:メタルボンドに比べ割れやすい

ラミネートベニア(つけ歯)

ラミネートベニアラミネートベニアはつけ爪のようにセラミックでできた薄い歯を表面に接着し、歯の形を変える治療を指します。

歯並びの矯正や、削ることなく、歯の形を変えることができるので、ちょっとした歯の形を変えたい場合にはとても有効な方法です。

メタルインレー、メタルクラウン(銀歯、金歯)

ゴールドクラウン保険診療で臼歯を治す場合のスタンダードではないでしょうか。

日本ではパラジウム含有の銀歯が主に使われています。中国の技工所で作成したものはベリリウムが入っている場合もありますので、当院では、私が信頼を寄せる技工士さんにしっかりしたものを作ってもらっています(中国の技工所でもしっかりしてるところも多いと思いますが)。

ドイツでは、アレルギーの観点からパラジウム合金も保険から外されたという話を聞いたこともありますので、今後、本邦でどうなるかはまだわからないです。

ゴールドは大変生体適合性に優れた素材で、歯にも馴染みがいいので私個人は好きですが、金属代が高騰し、中々オススメしづらいものになりつつあります。

圧排糸+マイクロスコープを用いて、精密な被せ物を

歯肉圧排

圧排糸とは、写真のように、歯を削るときに歯と歯茎の溝(歯周ポケットなんて呼ばれています)に糸を入れることを指します。

歯肉圧排と補綴物なぜこれを行うかというと、歯科技工士は型どりをしたものを石膏に起こして技工作業を行うのですが、石膏は単色のため、どこまでが歯でどこから歯ぐきなのかわからなくなってしまいます。(写真参照)

しかし、圧排糸を入れることで、どこまでが歯でどこからが歯茎なのかが明確になります。歯肉圧排を行わず、その部分が不明瞭だと、いくら技術のある技工士が作成してもぴったりした被せ物が出来なくなってしまいます。

歯肉圧排と補綴物またシリコンを用いることにより、副模型を作成し、(写真参照)歯肉からの立ち上がりがうまくいっているか確認できます。

保険で用いられる寒天+アルジネートではすぐに変形するため一度しか模型が作れないですし、歯茎の下まで型が取れてしまうと強度不足のため変形してしまいます。

さらに、マイクロスコープ を用いると、0.数ミリの世界で削ることができるため、より精度の高い技工物が出来ます。

歯肉圧排と補綴物また、圧排糸、マイクロスコープを組み合わせることで、削るときに出血などが従来ではあった症例でも、出血をほとんど無くすことが出来ます。

出血により、型どりが不鮮明になることがありますので、患者さんの不快症状を無くすのと、技工物の精度を高めることの両方に貢献すると言えます。

補綴物とマイクロスコープ形成口腔内は細菌が多くいるため、適合が合ってない歯をかぶせると隙間に細菌が沢山繁殖してしまい、虫歯、歯周病の原因となり、歯の寿命を短くすることが知られています。

せっかく、マイクロスコープで精密な根管治療をしてもすぐに抜歯になってしまっては意味がないので、ほうじょう歯科医院新日本橋では、このような観点から、マイクロスコープと歯肉圧排を併用した自由診療の被せ物をすることを推奨しております。

 
 

03-6262-3646