虫歯

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

深さの段階によって変化する虫歯治療

むし歯の段階説明画像

虫歯の治療は、深さによって処置が変化していきます。表層のエナメル質のみの虫歯で初期のものであれば、薬剤で再石灰化が可能なものもあります。深くなると、痛みがなくても詰め物や、かぶせ物で治療しなくてはいけないケースもあります。また、最悪の場合、歯を抜かなければならなくなりますので、早期治療が大切です。

歯内療法を得意とする院長によるできるだけ抜かない虫歯治療

歯内療法ほうじょう歯科 新日本橋ドクターである北條は、歯内療法という分野の学会に所属し、日々、歯を抜かないために必要なことを学び、治療にあたっております。

虫歯がひどく進行してしまった場合は、最悪抜歯となってしまうことがありますが、この抜歯するかしないかは、歯科医師のレベルによって変わってきます。

私たちは、できるだけ歯を抜かず、保存するために、厳しい状況でもチャレンジし、抜かずに残せるように保存を試みます。

他医院で抜かなければならないと言われた方でも、当院へご相談いただければ、もしかすると残せるかもしれません。

セカンドオピニオンといって、第三者医療機関への相談が可能ですので、お気軽にご相談ください。

予防こそが最大の治療

むし歯の治療虫歯になってから治す治療では、削ることが必須になります。

虫歯になる前に歯科医院に通う習慣をつけ、大切な、ご自身の歯を守って行きましょう。

(当院では、MIペーストやリナメル等を用いて、積極的に予防に取り組んでいます。)

03-6262-3646