虫歯

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

深さの段階によって変化する虫歯治療

むし歯の段階説明画像

歯が細菌の代謝により生じた酸により、溶かされてしまった状態のことを虫歯と呼びます。歯は骨やその他の組織と違い、再生する機構がないために一度始まると、進むかその状態を維持するかのどちらかで、治ることはありません。深さによる分類があり、C1はエナメル質までC2は象牙質まで、C3は神経まで達した虫歯を言います。C0は虫歯になりかけている状態、C4は保存が困難な状態を指します。

虫歯はなぜ、痛い時と痛くない時があるのか(虫歯の痛みが急に治まる?)

虫歯の痛みよく「虫歯がしみていたが暫く我慢したら治った」ということを言われますが、それは治った訳ではなく神経が死んでしまい、痛みを感じることができなくなっている可能性があります。

また、それを放置していると細菌が増殖し続け、顎の骨を溶かす『根尖性歯周炎』という病気に発展することがあります。

痛いから治療するより、痛みが出る前に予防&治療をすることをおすすめします。

歯内療法を得意とする院長によるできるだけ抜かない虫歯治療

歯内療法ほうじょう歯科 新日本橋ドクターである北條は、歯内療法という分野の学会に所属し、日々、歯を抜かないために必要なことを学び、治療にあたっております。

虫歯がひどく進行してしまった場合は、最悪抜歯となってしまうことがありますが、この抜歯するかしないかは、歯科医師のレベルによって変わってきます。

私たちは、できるだけ歯を抜かず、保存するために、厳しい状況でもチャレンジし、抜かずに残せるように保存を試みます。

他医院で抜かなければならないと言われた方でも、当院へご相談いただければ、もしかすると残せるかもしれません。

セカンドオピニオンといって、第三者医療機関への相談が可能ですので、お気軽にご相談ください。

予防こそが最大の治療

むし歯の治療虫歯になってから治す治療では、削ることが必須になります。

虫歯になる前に歯科医院に通う習慣をつけ、大切な、ご自身の歯を守って行きましょう。

(当院では、MIペーストやリナメル等を用いて、積極的に予防に取り組んでいます。)

虫歯で削ってしまったあとの3つの修復治療法

虫歯にはなってしまった部分は削ってしまうか、薬品等で虫歯組織を不活性化させる必要があります。では、削ってしまった場合にはどのように修復するのか治療法を3パターンご紹介します。

①コンポジットレジン修復(以下CR)

前歯の治療のゴールデンスタンダードです。現在、臼歯の治療も可能なCRも出てきました。しかし、クオリティは術者の技術にかなり左右されてしまいます。

奥歯の虫歯のコンポジットレジン修復

このようにできるだけ削らない虫歯治療を行っております。また、当院では保険外のレジン修復も行っております。

前歯の虫歯のコンポジットレジン修復

②インレー(つめ物)による虫歯修復

金属もしくはセラミックを型取りして技工士に作って もらいます。保険診療では寒天で型取りをしますので歪んで しまうことがあります。歪んだことにより不適合が生じ、 隙間から虫歯が再発することもあります。

インレー(つめ物)による虫歯修復

※ 銀歯のインレーだけでなく、白いセラミックのインレーや、プラスチックとセラミックの混合材であるハイブリッドセラミックのインレーもございます。

②クラウン(被せ物)による虫歯修復

神経を取った歯などに歯を全周削り、かぶせる治療を クラウンと言います。クラウンは一般的には神経を取った 歯に行う治療ですが、虫歯が広範囲の場合、神経があってもクラウンを選択することがあります。写真はセラミック のクラウンです。

インレー(つめ物)による虫歯修復

※ 銀歯のクラウンの場合は保険診療対象ですが、白いセラミックの被せ物は自由診療の対象となりますのでご了承ください。

03-6262-3646