VPT(神経を取らずに部分的な治療する)について|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

VPT(神経を取らずに部分的な治療する)について

投稿日:2019年4月22日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

バイタルパルプセラピー(以下VPT)と呼ばれる、以前であれば神経を除去する症例で、神経を取らずに一部分除去する方法があります。

Path ways of the Pulpという、世界の根管治療の教科書では10版までは歯が完成しきっていない子供が対象とされてきましたが、11版では、根が完成した永久歯にも適用を広げられた記述があります。

具体的にどんな治療かというと、

他院にて治療後、充填剤が神経にふれてしまい炎症を起こしてしまった症例

マイクロスコープで生きている神経を確認し、壊死や止血出来ないほど炎症がある部分の神経を除去し、MTAを充填します。

昔は歯根が完成していない歯に水酸化カルシウムという素材を入れ、歯根が完成するのを待つということが目的の治療でしたが、MTAが出てきて、予知性が高くなり、永久歯にも適応するようになりました。

この治療の最大の利点は費用が安く、回数も2回で出来ることです。

根管治療はファイルやその他色々な器具を駆使してやるものですが、この治療はMTAがあればほかはそんなに器具的には必要が無いことが大きいです。

しかし、抜髄は成功率がとても高い治療法なので、この治療を選択するかどうかは患者さんとしっかり相談し、適応症かじっくり見極めるということが重要になります。

何でもかんでもやるべきではなく、直接覆髄はとくに壊死歯髄の取り残しから失敗することが多いので、気をつけてやるべきです。

 

先日、フリードマン先生が

「もし自分の歯が神経を取る必要がある虫歯が出来てしまったらVPTをやってもらいたい。成功率も高く、安いからだ」

とお話しておられました。

世界ではすでにそう考えられているのは面白いですね。

トップへ戻る