根管治療(歯の神経の治療)の記事一覧

根管充填を行った歯に築造するとき、シーラーをどうするか

投稿日:2018年6月19日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

当院では99%ファイバーコアを用いて築造しています。

理由は歯根破折が怖いから。

ファイバーコアを入れるうえで重要なこと。

シーラーをしっかりとりきる!!

それは、ユージノール系のシーラーを入れた場合にレジンの部分と接着阻害してしまうからです。(MTAシーラーは関係ないです)

私は昔からクエン酸を使ってシーラーを飛ばしています。

クエン酸の本来の目的は水酸化カルシウムの中和ですが、こんな使い方もあるみたいです。

エンドの巨人の山田國晶先生が昔教えてくれたテクニックですが、不思議と書籍などでみたことはないんですよね。エビデンスは無いのかもしれませんが・・・

 

さて、今週の金曜は

@内神田PMO 11階

21:00~22:30

徹夜会です!!

エンドの基本を私と柳沢と一緒に勉強しましょう。

 

 

私は6月下旬からトロント大学のジャパンコースに行く予定なのですが、いくら頑張っても勉強には終わりがないです。

先生がたの前で何かお話するときもいつも自分の知識のアップデートがあり、毎回スライドがマイナーチェンジしています。

何が言いたいかというと、皆、徹夜会に遊びに来てください。

一度来てくれた先生、何度でも来てください!!

歯医者なら誰でも歓迎です!!

私のことを知らない先生でも全然歓迎です!!

終わったら終電まで私と飲みましょう!!

 

では、金曜に(^_-)-☆

歯の内部吸収から大きな病変に至ってしまった歯の予後18カ月

投稿日:2018年6月16日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

以前にご紹介した内部吸収のケースです。

 

このようなケースは外傷が原因で神経が死んでしまった場合に多いです。

歯茎が猛烈に腫れてしまったことをきっかけに気づかれた症例です。

普通は穿孔を埋めてからでないと作業長を決めにくいのですが、運よく滲出液がとまり作業長を簡単に測れたので

MTAで充填しました。

ガッタパーチャでは大きな穿孔は封鎖しても予後は悪いです。

穿孔していない内部吸収であればガッタでいいんですよ。

半年後。まだ骨吸収があります

 

一年後。だいぶ骨が出来ました

一年半。もう自然な骨と言ってもいいでしょう。

 

良い感じですね。

 

根管治療は予後を追うことが重要です。

症状が引いてもレントゲンを撮影して経過を追わせて頂いております。

歯周病や矯正も治療を終えた後の人生のほうが長い。

体の一部のことですから、めんどくさがらず、メインテナンス時にレントゲンを撮影させていただきたいです。

 

 

昨日は父の大学時代のご友人の方々と飲みに行かせてもらいました。

「49日過ぎたら飲みに行こう」

と、葬儀の時に声をかけてくださったときは本当に嬉しかったですし、

父の、私たち家族の知らないエピソードを沢山聞かせてくれて、大学の友達とは本当に素晴らしいなと思いました。

私が高校の頃、学校に行くふりをしていつも漫画喫茶で時間をつぶしていたのが父にばれた時、

「高校は正直つまらないよ。でも高校卒業しないと大学に行けないから行った方がいいよ。

高校の友達は数えるほどしかいないけど大学の友達は何歳になっても素晴らしい仲間のままだよ」

と説得されたのですが、実際に父抜きで父の友達と飲みに行けて、父は本当に大学の友達が好きだったんだなーとおもました。

父がダンスパーティーで全然女の子にもてなかった話などを、父が居ないところでネタにするのはちょっと気の毒でしたが、時折、思い出に浸り泣きそうになっている友人の方を見ていると、父は本当に幸せものだったんだなと思いました。

 

丁度、1年前の今ぐらいの頃に私が大学のキャンプ仲間(1人しかいない)とキャンプしている最中に父の入院を聞かされ、3月に亡くなり、今日まで本当にあっという間でした。

未だに実感が今一つわかないのですが、父の友人に心配されないようにクリニックの存続を目指して今年も頑張ります!!

 

 

さて、来週22日は徹夜会です!

来てくれてるみんな、ずっと私といい友達でいてくださいね!!

21:00~22:30

内神田PMO11階(無料)

演者:柳沢&北條

根管治療のお話をしますのでよろしくお願いします!

病変が大きく、分岐部病変のようになってしまった症例

投稿日:2018年6月15日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

かなり大きい病変があります。

歯茎から膿が出ています。

根尖が外部吸収していたためMTAを詰めました

かなり骨が再生してくれましたね。

 

分岐部病変の多くは意外と歯内疾患が原因のことがあります。

もし、全顎的に歯周病が無い場合は一度、バイタルをとってみることがおすすめです。

歯髄診は重要です。

根の先に病気が無くても神経が死んでいるケースはわりとあります。

また、歯髄診で反応がなくても生きていることも結構あります。

これは沢山の歯に歯髄診をやることでみえてくる『勘』みたいなのがあります。

私の師の石井先生も仰っていましたが、普段からルーチンでやっていないとこの感覚は身につきません。

お持ちでない先生は是非とも購入をお勧めします。Ciで1万円くらいで買えますし、Coldは東京歯科産業から超お買い得なスプレーが出てます。

再根管治療の難症例

投稿日:2018年6月12日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

不自然にコアが残ってます

これは、以前に治療を受けられた時にコアが除去できなかったということになります。

除去すると大きく穿孔があったため(以前の治療で土台を取ろうとして関係ないとこに穴開けてしまったんでしょう。)MTAで充填しました。

良い感じで治りましたね(^^♪

 

コア除去は非常に危険です。

マイクロ使っていても怯えながら外してます。。

肉眼で見えるのはせいぜい根管内3ミリくらい。

不安な時は無理しないでご紹介くださいね( ;∀;)

特にファイバーコアは除去難しいです。

 

 

さて、そもそも再根管治療にならなければこんな心配もいらないわけです。

再根管治療より、まずは抜髄(神経を取る処置)をしかりラバーダム下で精密に行えればいいわけです。

というわけで

 

6/22(金)21:00~

at内神田PMO11階 ドクターブック様セミナー室

参加費無料

北條「抜髄の基礎知識」

柳沢「バクテリアリダクション後編」

です。

去年と違うスライドもおおいので、来たことある先生、ドクターブックアカデミーで視聴してくれた先生、何回でも来てくださいね!!

 

前回の白根先生、寺岡先生の話は凄かったですね。負けられないなあ( *´艸`)

ファイバーコアのせいでパーフォレーションをしている歯のリペア

投稿日:2018年6月7日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

ファイバーコアとは・・・

グラスファイバーを用いて被せ物をかぶせるための支柱を作ること。

従来、メタルコアという銀のものが用いられてきたが歯肉が黒子なることや、歯が割れやすいなどのデメリットがあったた。

 

現在、ファイバーコアが入っている歯の再治療がひそかに問題になっています。

なにが問題化というとファイバーコア、歯と同じ色なので、除去の時に歯を削ってしまうことが多いのです。

本来の神経管からずれた方向に広がってますね。

このようなケース、非常に厄介。

マイクロがあっても難しいことが多いです。

さて、MTAで封鎖することで、正確な作業長を測定できます。

なのでパーフォレーションリペアは出来たら先に行い、その後通法通りの根管治療をすると良いですね。

パーフォレーションがあると、ルートZXがピーピーうるさくて作業長測れませんからね( ゚Д゚)

どうしても「マイクロもMTAもないが、MTAのシーラーならある」という先生はファイルに綿せんを巻き付けるとルートZXが使えるケースがあります。作業長を決定し、根管形成をしてMTAシーラーで根管充填してあげると運が良ければ治ります。

ただ無理しないで根管治療が得意な先生にやらせた方が、先生のためにもなるし、患者さんのためにもなります( ;∀;)

歯根端切除術を計画したが断念した症例

投稿日:2018年6月5日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

~歯根端切除術とは~

『通法通りの根管治療を行って治癒しなかった症例に対し、外科的に病変を切り取るアプローチのこと。

近年ではマイクロスコープとMTAを併用することで成功率を96%ほどに出来ると言われている。』

 

さてさて、外科的歯内療法は非常に有効な手段です。根管治療はかなり成功率が高くなっていますが100%には出来ないです。論文ベースに考えると歯根端切除は5本に1本くらい必要になります。(あ、再治療の場合ですよ)

 

しかし、外科的歯内療法でもどうにもならんケースがあります

このケースなのですが・・・

メチレンブルーで染めるとがっつり染まります( ;∀;)

一応、3mm切断+病変のソウハはしてあります。

 

残念ながら紹介していただいた先生にこのままお戻しすることになります・・・

 

破折したところにMTAを詰めるというのも考えたのですが、舌側まで破折がいっていることが判明していたので諦めました・・・

 

根管治療と歯根破折は切れない関係です。

 

どんなに素晴らしい治療をしても、破折したら抜歯しか選択肢がありません・・・

 

根管治療をしたらマウスピース(ナイトガード)などで対策するべきなのかもしれないですね・・・

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

03-6262-3646