根の先が外部吸収している歯の根管治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

ほうじょう歯科医院新日本橋の症例

根の先が外部吸収している歯の根管治療

根の先が外部吸収している歯の根管治療

大きな病変があります。 このように 横に病変が広がっている歯は側枝という、神経管の分枝に感染していることがおおいです。 しかし、 残念ながら歯科医師はまっすぐしているところしかファイルという金属の棒でお掃除することが出来 […]

症例を詳しく見る

新しい術式の歯根端切除術

新しい術式の歯根端切除術

従来、歯根端切除術の切開には、歯間乳頭を起点にするパピラベースという方法か、角化歯肉の間に切開を入れるオーシャンビンという切開が一般的です。オーシャンビンは日本人には不向きと言われており、多くがパピラベースで行われていま […]

症例を詳しく見る

非常にレアなMB3

非常にレアなMB3

上顎大臼歯の治療を困難にするものの一つにMB2という、副根管があります。 MB2は近年非常に有名になっており、10年くらい前の歯科医師国家試験にも出題されるくらいメジャーになりました。 しかし、MB3は流石に知らない先生 […]

症例を詳しく見る

下顎臼歯部の歯根端切除術

下顎臼歯部の歯根端切除術

初診時。近心根に大きな病変を認めます。 分岐部まで病変が及んでいるため、パーフォレーションも疑われます。 作業長を決定。近心根はストリッピングパーフォレーションという、神経の管の内湾が削られ過ぎている状態でした。 BCシ […]

症例を詳しく見る

MB2の探し方

MB2の探し方

根管治療で2大難関と言われるMB2探しと樋状根の形成。 個人的にはこの2つは全然難しくありません。 樋状根はまたの機会にお話しますので、今回はMB2についてお話させていください。 まずは動画で さて、この動画にあるように […]

症例を詳しく見る

大学病院にて過去に歯根端切除を行った歯の再手術

大学病院にて過去に歯根端切除を行った歯の再手術

過去に大学病院にて歯根端切除術を行った患者様です。 ロングスパンのブリッジが入っているため、抜歯も出来ないとのことでいつも患者様をご紹介してくださる先生からご相談を頂きました。 このようなケース、破折さえなければそんなに […]

症例を詳しく見る

下顎前歯の根管治療は難しい

下顎前歯の根管治療は難しい

タイトルにある通り、下顎前歯の根管治療は非常に難しいです。 理由としましては、 1、根管の形態が複雑 2、歯が小さく、大きく削去することができない 3、実はマイクロスコープで見ずらい部位 ということが挙げられます。 1か […]

症例を詳しく見る

神経に近い大きい虫歯をコンポジットレジンで治療した症例

神経に近い大きい虫歯をコンポジットレジンで治療した症例

歯と歯の間に欠けている箇所があります。 このような症例、意外と深いところまで虫歯が及んでいることが多いです。 裏打ちが無いエナメル質を少しだけ削らせて頂き、虫歯にアクセスします。 神経まですれすれでした。 深かったので、 […]

症例を詳しく見る

破折した器具を除去し、根の先まで治療出来たケース

破折した器具を除去し、根の先まで治療出来たケース

ファイルが折れているケースです。2回前医の先生が治療してくれたそうですが治らなかったためにご紹介いただきました。 ファイル自体に毒性はないのですが、このように大きな病変がある場合は是非除去したいです。 ファイル除去後、穿 […]

症例を詳しく見る

MB2を探索

MB2を探索

抜髄(神経を取る治療)後の違和感でご紹介いただいた患者様です。 上顎の大臼歯でこのような場合に一番多いケースで、MB2が見つかっていないというのがよくあります。 マイクロで見ると、こんな感じで怪しい影が見えるわけですね。 […]

症例を詳しく見る

1 2 3 >

トップへ戻る