分岐部病変のようなレントゲン像の歯の治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

マイクロスコープ/歯科用CT等を駆使した精密治療

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

ほうじょう歯科医院新日本橋の症例

分岐部病変のようなレントゲン像の歯の治療

分岐部病変のようなレントゲン像の歯の治療

近心根から分岐部にかけて大きな透過像がある症例です。   このようなケースはなるべくならば手を付けたくない先生、多いのではないでしょうか。 このような症例、マイクロを使った根管治療をしていてつくずく思うのが、 […]

症例を詳しく見る

大きな根尖病変があり、紹介いただいた症例の6年後

大きな根尖病変があり、紹介いただいた症例の6年後

開業当初、大学の後輩からご紹介いただいた患者様です。 とても大きいため、奥から3番目の歯が原因なのかもしれないと言われていたそうですが、精査すると奥から3番目は神経が生きておりましたため、奥から2番目の再治療を行うことに […]

症例を詳しく見る

破折ファイルが残ってしまったが治癒している症例

破折ファイルが残ってしまったが治癒している症例

お世話になっている先生からご紹介いただいた症例です。 レントゲンで確認する限り、近心根に2本、遠心根に1本の破折した器具の残存が認められます。 除去を試みましたが遠心の1本がどうしても取れませんでした。 半年後 病変は縮 […]

症例を詳しく見る

強く湾曲した大臼歯に根管治療を行った症例

強く湾曲した大臼歯に根管治療を行った症例

術前です。 オバQのような根になっております このようなケースで充填剤が途中で途切れているケースでは、ステップという、段差ができていることが多く、困難なことが多いです。 慎重にファイルを進め、 根管充填直後。 術後半年。 […]

症例を詳しく見る

根の先の方で破折しているファイルを除去した症例

根の先の方で破折しているファイルを除去した症例

ここでファイルが折れています。 非常にこのようなケースは除去が難しいです。 理由は大臼歯は多かれ少なかれ湾曲しており、顕微鏡を使ってもファイル自体が見えないことが予想されます。 治療をすすめ、大体綺麗にした次の回が始まる […]

症例を詳しく見る

大きな穿孔(パーフォレーション)を伴った歯の治療

大きな穿孔(パーフォレーション)を伴った歯の治療

根管の真ん中くらいからちょろっと何かが出ております。 このような症例を見ると、目が慣れている先生であれば、本来の根管にファイルが入ったが折れてしまい、その後も頑張って治療したが関係ない所に穴を空けてしまった症例なんだろう […]

症例を詳しく見る

CT撮影が診断の決め手になった症例

CT撮影が診断の決め手になった症例

左上の歯が噛んだ時の違和感があることを主訴にいらした患者さんのケースです。 左上をピンセットでこんこん叩きました(打診と言います)がどの歯が原因かはっきりしませんでした。 レントゲンで真ん中に映っている歯は不十分な根管治 […]

症例を詳しく見る

歯髄壊死してしまった歯の根管治療

歯髄壊死してしまった歯の根管治療

6番の近心から瘻孔(フィステルとか呼ばれるもの)を経由して排膿しておりました。 このようなケース、髄床底とよばれる場所が、神経が死んでいるため非常にわかりずらいです。 少しずつ削り、決して無茶しないのが成功の秘訣と考えて […]

症例を詳しく見る

根の先が外部吸収している歯の根管治療

根の先が外部吸収している歯の根管治療

大きな病変があります。 このように 横に病変が広がっている歯は側枝という、神経管の分枝に感染していることがおおいです。 しかし、 残念ながら歯科医師はまっすぐしているところしかファイルという金属の棒でお掃除することが出来 […]

症例を詳しく見る

新しい術式の歯根端切除術

新しい術式の歯根端切除術

従来、歯根端切除術の切開には、歯間乳頭を起点にするパピラベースという方法か、角化歯肉の間に切開を入れるオーシャンビンという切開が一般的です。オーシャンビンは日本人には不向きと言われており、多くがパピラベースで行われていま […]

症例を詳しく見る

1 2 3 4 >

トップへ戻る