インプラント|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラントとは、体内にチタンやその他の金属または異物を埋め込むことを言います。骨折した箇所に入れるチタンのプレートもインプラントと呼ばれ、特に歯科で使用されるインプラントはデンタルインプラントと呼ばれています。

図のように骨の中に埋入し、歯を再建する術式を指します。インプラントは実は歴史が長く、1965年にブローネマルクというスウェーデンの整形外科医がデンタルインプラントを臨床に使ったのが始めと言われています。その時の被験者はその後亡くなるまでの41年間、問題なくインプラントを使用できたそうです。50年以上が経ち、少しずつ進歩しているインプラントですが本質はブローネマルクが初めて埋入したものと同じです。

インプラント治療の種類

インプラント治療には症例によって埋入本数や完成形が異なってきます。ここではインプラント治療の種類について解説します。

歯を失った箇所にインプラントを埋入する

歯を失った箇所に入れ歯やブリッジではなくインプラントを埋入する方法です。一般的にインプラントと聞いてイメージするのはこの手法です。以下に具体例を示します。

インプラント治療前のお口の写真

インプラント治療前のお口の写真

下顎の右奥歯にインプラントを埋入します。写真では下の左に歯のない箇所が写っていますが、そちらになります。ブリッジを外して抜歯後の写真です。

インプラント埋入後

インプラント埋入後

ステントを使用して埋入時のミスがおこならないようにして安全にオペを行いました。

インプラント埋入後のレントゲン

インプラント埋入後のレントゲン

レントゲン写真で右下の顎に2本インプラントが入っているのがわかります。

セミラック歯を被せて治療完了

セミラック歯を被せて治療完了

インプラント治療前

インプラント治療前

インプラント治療後

インプラント治療後

入れ歯の土台にインプラントを使う症例

インプラントを失った歯の本数分埋入すると、コスト的に難しかったり、骨がそもそもなく埋入できない箇所が多くなったりするケースでは、骨が残っている箇所にインプラントを埋入し、入れ歯を安定させるという手法が選択されることがあります。インプラントに負荷させることで噛んだときの痛みが和らげたり、入れ歯が外れにくくなります。

矯正治療にインプラントを用いる

矯正治療で、固定源として使う方法も一般的です。この場合は埋入したインプラントを除去する必要がありますので、わざと抜けやすいインプラントを使います。埋入も少し麻酔するだけで出来ますし、除去は麻酔が無くても出来てしまうほど簡便な方法です。しかし、除去のしやすさが災いして、意図せず抜けてしまうことがあります。

インプラント治療の期間の目安

現在、インプラントの性能が非常に良くなっているため、通常の治療では埋入してから2カ月もあれば骨としっかり結合すると言われています。埋入から2カ月目でかたどりをすると仮定すると3カ月もあれば歯が入ってしまう計算になります。しかし、抜歯した直後は骨が無いため、通常、抜歯から3~6カ月待ってから埋入することが一般的です。また、骨がそれでも無い場合は人工骨を移植して、半年待ってから埋入することもあります。よって症例によっては1年くらい治療に時間がかかる症例もあります。

インプラント治療の注意

インプラント治療を行う場合、以下の注意が必要です。

高血圧、糖尿病

高血圧の方は血液をサラサラにする薬を飲んでいることが多いため、インプラント治療をする際は主治医の先生と相談してからの方がよいでしょう。また、糖尿病の患者さんは感染しやすいために、血糖値がしっかりコントロールできている状態で埋入することが望ましいでしょう。

喫煙

喫煙はニコチンにより血流が悪くなりますので、治癒が遅れてしまうことがあります。また、骨との結合も血液が不足すると起こりにくくなりますので、出来るだけ禁煙してから治療に臨むべきでしょう。

妊娠

インプラント治療をする際に麻酔をします。麻酔の中にはアドレナリンが入っているために安定期に入っていない場合は極力避けるべきでしょう。また、外科処置を行う際に感染のリスクも少なからずありますので、注意が必要です。

その他、全身疾患

以上に挙げたものはインプラント治療をする際のリスクのほんの一部です。何か健康上問題がある場合はしっかりかかりつけの先生と相談の上、安心、安全な治療をしていきましょう。

インプラントに伴う合併症

インプラント治療にはオペにより起こりうるリスクがありますのでいくつかご紹介します。

下唇のしびれ

下歯槽神経という重要な神経が下の顎の骨には流れています。そこを傷つけてしまうと下唇に知覚麻痺が現れることがあります。また、神経を損傷していなくても2mm以内に埋入するとしびれが出ることがあります。その場合はインプラントを除去することで回復しますので、なるべく早めに除去をすることが重要になります。

上顎洞に迷入

上顎洞に迷入

初診時にたまたま気が付いた症例です。写真左側のインプラントが横を向いてしまっています。これはサイナスリフト後に固定が緩み転がってしまったようです。患者さんは無症状でしたが直ぐにインプラントを施術した医院にて除去をしてもらいました。

骨造成(GBR)とは

インプラントとは、骨の中に埋入するものです

移植材の種類

人工骨+メンブレン

一番メジャーな方法で多くの症例で必要になる術式です。特に前歯部にインプラントを埋入する際はほぼ必須となります。あまりにも沢山の骨造成が必要な場合、チタンでできたフレームに人工骨を入れる方法もあります。人工骨には生物由来のものとそれ以外のものがあります。アメリカではなんと他人の人骨を使うことが主流です。(もちろん亡くなった人です。)ヨーロッパでは牛の骨をベースに焼成したものを使うことが多いようです。日本では人工的に配合されたものを用いることが多いのですが、吸収が早く骨が無くなってしまうか、いつまでも骨に置き換わらず感染の原因になるものが多く、最近はヨーロッパに倣い、牛由来の人工骨を使われることが多いです。人工骨+メンブレンを用いた一例を示します。

難易度の高い前歯部インプラント症例

難易度の高い前歯部インプラント症例

初診時。抜歯後、歯肉の陥没が進み、「このままインプラントをしてしまって大丈夫なのか相談したい」とのことで当院来院されました。

難易度の高い前歯部インプラント症例

切開する前段階で、かなりの骨吸収が想定された。 実際歯茎を開くと全く骨が残っていないことがわかりました。(写真には血が写っているのでグレー処理化しております)

難易度の高い前歯部インプラント症例

かなりの大掛かりな骨造成が行いました。歯肉のボリューム がかなり増えたことが確認されました。

難易度の高い前歯部インプラント症例

骨造成後6ヶ月。かなりの骨が出来たがもう少し骨があればと思い、インプラント埋入と同時に頬側にさらに骨造成を行いました。

難易度の高い前歯部インプラント症例

右が術後です。骨造成は非常に難しい処置の一つです。もしたっぷり骨がある人にインプラントを埋入するのであればそれは、虫歯を削る処置よりはるかに簡単と言えます。

自家骨(自分の体のどこかから骨を持ってくる)

昔は腸骨から骨を移植する方法が多く行われていました。現在は親知らずのあるあたりの骨やオトガイ(顎先)から骨を移植する方法が多いです。自分の体由来なので成功率は高く、歴史もあります。しかし、骨を削りだすために体に負荷がかかりやすいことがデメリットと言えます。

骨造成の術式の色々

先に示したように純粋に骨移植材を骨が不足している部分に移植する術式以外にも骨造成には何種類か方法があります。

サイナスリフト、ソケットリフト

上顎の臼歯部で主に用いられます。抜歯後、上顎洞と呼ばれる、副鼻腔が広いために、インプラントが埋入することが出来ないケースが存在します。そのような場合に、上顎洞の粘膜を持ち上げてインプラントを埋入する方法があり、それをサイナスリフトと言います。サイナスリフトは上顎の側方から粘膜を持ち上げる方法と歯槽部の頂上から持ち上げるやり方があります。横から持ち上げるやり方をサイナスリフト、頂上から持ち上げる方法をソケットリフトと呼びます。サイナスリフト、ソケットリフト、双方に言えるリスクとして、上顎洞の粘膜を損傷し、骨移植材が入れられなくなってしまうケースがあります。その場合は直ちにオペを中止し、2~3カ月まち、上顎洞の粘膜が再生するのを待ちます。

リッジエキスパンジョン

主に上顎の前歯部に行われます。骨に切れ目を入れ、骨ノミで広げていく方法です。現在、人工骨を盛ってメンブレンを入れるほうが、術後の吸収が少ないことからあまり行われなくなりました。

インプラントのメーカー

インプラントは3大メーカーのストローマン、ノーベル、アストラの他にも数えきれないくらいの種類があります。数年前まで韓国のメーカーだけで200社もあったと言われていました。各メーカーが企業努力の末、良いものは残り、結果が出せなかったものは淘汰され、現存のメーカーはどれも似たような構造に落ち着いています。ただし、あまりにマイナーなメーカーだと、将来部品供給が無くなり、被せ物が壊れた時に対応できないなどのリスクが考えられますので、主流のメーカーのものを使っている医院を選択することも重要かもしれません。

CT撮影

CTによる安全確認

CTによる安全確認CTを用いることでレントゲンではわからない骨や神経の位置、状態を把握することにより、安全なインプラント治療を行こなうことができます。

CTによるインプラント埋入ポジション確認

CTによるインプラント埋入ポジション確認

このように、CT上でインプラントを埋入する仮想オペができます。神経や、上顎洞に触れずに安全に埋入するために事前シミュレーションを行うことはインプラント事故防止において必須になります。CTで術前の確認をすることで前述した、上顎洞の迷入、下歯槽神経麻痺はほとんど防げると言えます。現在、どんな症例でもCTは必須と言われています。

サージカルステント

CTで埋入する場所を決めたら、狙った位置に埋入出来るよう、型どりをしてドリリングするための穴が開いているマウスピースのようなものを作成します。シビアなケースでは一度かたどりをしてCT上で再度重ね合わせする方法を取ることもあります。

トップへ戻る