クリーニング・定期健診

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

虫歯、歯周病の予防のために・・・

バイオフィルム歯医者さんでクリーニングというと、漠然と着色を落とすイメージがあると思いますが、実は歯を守るうえで重要な要素になっているのがクリーニングです。ここではクリーニングとは何か、詳しくお話させて頂きます。

虫歯で歯を抜歯する症例は全抜歯症例の中の30%程度と言われています。因みに歯周病で歯を抜歯する症例は40%以上と言われています。他の症例はというと、歯根破折がほとんどを占めています。

破折は運が無かったと言えますが、歯周病は病気が始まっていなければ定期的なメインテナンスで予防が可能な疾患と言われています。つまり、抜歯の40%のリスクは歯周病を発症する前に定期的なクリーニングに通うことで下げることが出来てしまいます。

歯周病は元には戻せないから予防歯科が大事

歯石除去注意が必要なのが、歯周病は虫歯と似ていて、一度発症すると進行をとめることは出来ますが、元の状態に戻すことは中々出来ない病気です。(一部例外もありますので、詳しくは当ホームページの歯周再生療法の項目をご参照ください)

つまり、なってからでは遅いため、いかに発症する前から高い意識をもって予防に取り組むかが重要になります。

また、虫歯に関しましても進行性の虫歯なのか、進行しない虫歯なのかがありまして、どちらかを見分けていくことが重要になってきます。そこで大事なのがクリーニング中にフロスを通し、ほつれが出ないか、大きさは進行していないか、客観的に見ていくことが重要です。

PMTCで歯のクリーニング

PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニングを略したものです。

普通のクリーニングと何が違うかというと、普通の保険適応内のクリーニングは

①歯石取り(スケーリング)→②歯の研磨(ポリッシング)→③フッ素塗布して虫歯予防(必要な方)

という流れになっております。では、PMTCはどうかというと、

①歯石取り→②エアフローにて着色を除去→③リナメルにて歯を丈夫にする

という流れになります。

勿論、保険のクリーニングでも歯はきれいになります。しかし、保険の制約で、使えない薬剤、機材があることと、時間内に限られたことをしなくてはいけませんので、PMTCの方がより効果は高いと言えるでしょう。エアフローは細かい粒子を歯の表面に吹き付けて歯を綺麗にするもので、知覚過敏が強い方に特に有効です。

また、リナメルは愛知学院大学の冨士谷先生の研究で、初期の虫歯を再石灰化させることが報告されています。非常に素晴らしい材料にも関わらず、保険適用にならないため、中々普及していないのが現状です。 保険でクリーニングをしているが、満足いかない方がいらっしゃいましたら、是非一度お試しいただけますと幸いです。

  • ①歯垢の染め出し

    歯垢の染め出し

  • ②ペーストを塗布

    ペーストを塗布

  • ③歯と歯茎の間を研磨

    歯と歯ぐきの間を研磨

  • ④歯面のクリーニング

    歯面のクリーニング

  • ⑤面のつやだし

    面のつやだし

  • ⑥フッ素塗布

    フッ素塗布

エアーフロー

エアフロー

エアフローとは従来のクリーニングに使われるツールと異なり、高圧の空気で小さな粒子を吹き付けて歯の表面を綺麗にする装置を指します。粉は色々な種類が販売されており、虫歯の予防効果を考慮したカルシウムカーボネートのもの、インプラント周囲炎に考慮されたグリシンパウダーのものなどがあります。

エアーフロー

黒い球体の所に粉末を入れ、歯科用のタービン(皆さんご存知の歯を削る器具)のコネクターにつなぎ、高圧の空気を送り込み使います。 従来の回転するブラシと異なる点として、研磨材が歯肉の中に入るリスクが少ない、歯の表面を傷つけないなどの利点があります。

北欧では多い予防歯科率

北欧ではクリーニングなどのメインテナンスに国民の関心が高く、かなりの割合の人がメインテナンスに通っているそうです。北欧の歯科疾患の少なさはそのあたりに由来するのでしょう。日本でも今後、歯周病についてもっと認知され、メインテナンスを定期的に受けている患者さんが増えることを切に願います。

03-6262-3646