マイクロスコープについて

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

被せ物を他院で被せる場合は根管治療は自費になりますので、ご了承ください。

保険内でも、自費治療でも、マイクロスコープを使用します

マイクロスコープ歯科治療マイクロスコープとは、歯科顕微鏡のことで、最大20倍程度まで患部を拡大して診ることができる装置です。

歯科治療は非常に細かい世界ですので、肉眼のみに頼って治療することは治療精度を下げることに繋がります。

治療精度が下がる=長持ちしない、再発する

だとすると、皆さんマイクロスコープを使ってほしいですよね?でもマイクロスコープを使用した治療は本来、自費治療の対象となるので、別途高額な治療費がかかってくるようになります。

しかし、当院では、すべての患者さまに高精度の歯科治療をご提供したいので、保険内治療でもマイクロスコープを使用しております。

マイクロスコープと肉眼の見え方の違い

肉眼と、マイクロスコープでの拡大画像を比べてみてください。どうでしょう?ぜんぜん違いますね。私は家族が治療を受けるなら、絶対にマイクロスコープを使用している歯科医院に通わせます。ぜんぜん治療の精度が違ってくるんです。

マイクロスコープの見え方

マイクロスコープ使用で治療精度が上がる具体的な例

基本的に、視野を拡大するというのは、治療全ての精度を向上させることに直結するのですが、以下の5つは特に、マイクロスコープがあるかないかで精度が極端に違います。

マイクロスコープのある歯科医院はたったの5%

歯科顕微鏡(マイクロスコープ)上記のとおり、マイクロスコープが重要であることはお分かりいただけましたか?

「じゃあ、どの歯科医院にもマイクロスコープはあるんだね!」

答えは、「いいえ」です。

マイクロスコープは現在日本にある68,000件の歯科医院の中で5%の数である約3000台しか導入されていません。約20件に1台です。

当院では3台稼働しております

マイクロスコープ3台導入

当院にはドクターが3名おりますので、どちらのドクターでもマイクロスコープが使用できるように当院ではこのマイクロスコープが3台稼働しております。

3台マイクロスコープを導入している歯科医院は1%未満だとメーカーから聞いておりますが、当院はマイクロスコープを使用した精密治療が1番の特長ですし、なによりどんな治療も精密に行うことを理念としておりますので、できるだけ多くの患者様にマイクロスコープを使用して診療しております。

日本橋で精度の高いマイクロスコープ治療をご希望の方へ

マイクロスコープ日本橋でマイクロスコープを使用した根管治療や歯周病、つめ物・被せものの治療を行っておる歯科医院は少ないです。

ほうじょう歯科 新日本橋では、マイクロスコープ治療をご希望で、日本橋以外からの患者様も多数いらっしゃいます。

精度の高い治療を、新日本橋駅1分、夜20時までという通いやすい環境で受診してください。

03-6262-3646