マイクロスコープ治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

マイクロスコープ治療

保険内でも、自費治療でも、マイクロスコープを使用します

マイクロスコープマイクロスコープとは、歯科顕微鏡のことで、最大20倍程度まで患部を拡大して診ることができる装置です。

歯科治療は非常に細かい世界ですので、肉眼のみに頼って治療することは治療精度を下げることに繋がります。

治療精度が下がる=長持ちしない、再発する

だとすると、皆さんマイクロスコープを使ってほしいですよね?でもマイクロスコープを使用した治療は本来、自費治療の対象となるので、別途高額な治療費がかかってくるようになります。

しかし、当院では、すべての患者さまに高精度の歯科治療をご提供したいので、保険内治療でもマイクロスコープを使用しております。

マイクロスコープとは

マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープとは手術用実態顕微鏡を歯科用にアレンジした機材です。拡大視野で観察しながら精密な治療が出来る為に主に根管治療で用いられることが多いです。しかし、近年、根管治療以外にも様々な場面で役立つことが解っており、抜歯、虫歯治療、歯周病など多岐に渡って使われています。

マイクロスコープの3つの要素として、拡大照明記録の三つの機能が重要と言われています。

拡大

最大20倍程度の倍率で拡大視野を得ることが出来ます。手術用のルーペでは7倍程度が限界と言われていますが、それよりはるかに細かいところまで見えます。

照明

拡大視野で治療を行うとどうしても視野が暗くなってしまいます。マイクロスコープはLED若しくはハロゲン、キセノンの強力なライトで術野を照らしてくれます。

記録

マイクロスコープはビデオカメラをセットし、記録することが可能です。患者さんにどんな治療を行ったのかを確認してもらう他に、教育の場面でも大きく役立っており、根管治療の大学教育はこれにより大きく変化しました。

マイクロスコープと肉眼の見え方の違い

上記画像は、肉眼とマイクロスコープでの拡大画像を比べてみてください。どうでしょう?ぜんぜん違いますね。私は家族が治療を受けるなら、絶対にマイクロスコープを使用している歯科医院に通わせます。ぜんぜん治療の精度が違ってくるんです。

マイクロスコープ使用の治療はどんな時に有効なのか?

マイクロスコープ

全ての治療はマイクロスコープを覗きながら行うことが出来ますが、インプラントなどは埋入方向などが大事なので逆に無い方がいいという声もよく聞きます。ここでは代表的なマイクロスコープの使い道をご紹介します。

根管治療

歯の神経は従来、誰も見ることは出来ませんでした。専門医はレントゲンや指先の感覚で予測しながら治療していたため、非常に難易度が高く、場当たり的な治療になっていました。1990年頃からKerr先生が根管治療に応用するようになり現在、世界中の歯内療法医が使うところまで普及しました。従来の根管治療より格段に成功率が上がったため、日本でも根管治療を専門にしている医院が増えてきました。

治療前

治療前

治療後

治療後

このように、見つからなかった根管を探し出すことが出来ます。また、根管内の感染源になりうるものを実際に見ながら除去できる為に非常に予後が良くなりました。

コンポジットレジン修復

マイクロスコープが普及し、日本ではコンポジットレジン修復に活用する先生が非常に増えました。コンポジットレジンは従来、クオリティは術者の技術にかなり左右されてしまいました。しかし、マイクロスコープの普及によりスーパーテクニックはそこまでは必要なくなりました。しかし、従来であれば見えなかったものが見えてしまうために治療に時間がかかるようになってしまい、自由診療で治療する医院が増えました。

コンポジットレジン修復

このように小さい穴から虫歯を取り除き、目立たないように充填することがどんな先生でも可能になりました(ある程度のトレーニングは必要です)

被せ物

型を取る前に歯を削ります。その時に、マイクロスコープを使い、ヘリが綺麗に整えてあると適合が良くなり、歯が長持ちします。

マイクロスコープの欠点

マイクロスコープの欠点は、取り回しが悪くルーペのような自由度が無いことです。また、強拡大で操作するため、幹線道路のそばでは術野がぶれてしまうということも言われています。また、取り扱いにはミラーテクニックが必須で、使いこなせるようになるためにはトレーニングを積む必要があります。大がかりな装置なので置き場所に困るという先生も多いようです。

マイクロスコープのある歯科医院はたったの10%

歯科顕微鏡上記のとおり、マイクロスコープが重要であることはお分かりいただけましたか?

「じゃあ、どの歯科医院にもマイクロスコープはあるんだね!」

答えは、「いいえ」です。

マイクロスコープは現在日本にある68,000件の歯科医院の中で10%の数である約6000台しか導入されていません。約20件に1台です。

当院では3台稼働しております

3台のマイクロスコープ

当院にはドクターが3名おりますので、どちらのドクターでもマイクロスコープが使用できるように当院ではこのマイクロスコープが3台稼働しております。

3台マイクロスコープを導入している歯科医院は1%未満だとメーカーから聞いておりますが、当院はマイクロスコープを使用した精密治療が1番の特長ですし、なによりどんな治療も精密に行うことを理念としておりますので、できるだけ多くの患者様にマイクロスコープを使用して診療しております。

トップへ戻る