ホワイトニング

  • 24時間ネット予約はこちら

  • メールによるお問い合わせ、ご相談はこちら

ホワイトニングとは

ホワイトニング治療前後の写真

1989年にHaywood&Heymannにより発表されたのが 始まりで、従来、歯を白くするには削ってかぶせることが 一般的でしたが、歯を削らずに漂白することが現在では 広く行われています。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングと ホームホワイトニングがあります。また、神経が死んだ歯にはウォーキングブリーチという方法で白くすることがあります。3つとも当院で行われていますが、このチャプターではオフィスとホームのお話をします。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングマウスピースを作り、マウスピースの中にジェルを入れて、白くする方法です。

家で2時間程度装着していただき、2週間繰り返します。有名な商品ではオパールエッセンス、 ティオン、ハイライトなどがありますが、知覚過敏が 比較的生じにくいティオンを当院では使用しています。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングとは、クリニックで歯の表面に 薬液を付け、紫外線を照射し、白くする方法です。

過酸化水素系と過酸化尿素系の2通りがありますが、 当院では知覚過敏が出ない過酸化水素系を使っています。とあるホワイトニングのセミナーでは過酸化水素系でホワイトニングすると、表面が滑沢になるために、 虫歯になりにくくなるということを聞きました(真偽は 不明です)が、歯が脆くなるなどのデメリットはないようです。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するホワイトニング方法です。

ホワイトニング効果は最も出やすく、また、満足のいく白さになるまでの期間が比較的短いので結婚式前などに行われることが多いです。

デメリットは費用がかかる事、知覚過敏になりやすいことです。

  • デュアルホワイトニング前デュアルホワイトニング前

  • デュアルホワイトニング後デュアルホワイトニング後

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ

神経を取る処置(以下抜髄)を行った歯は必ずと言っていいほど、変色を起こします。原因は歯髄に含まれる赤血球が崩壊し、ヘモグロビンの鉄が象牙質に染み込むことが挙げられますが、根管充填材のユージノールや、MTAも変色させる要因と言われています。変色は一度始まると自然に改善することはないと言われています。 ウォーキングブリーチは変色してしまった原因物質を薬液で除去して元の色に戻すことを目的としています。

被せ物vsウォーキングブリーチ

抜髄をした歯は虫歯の範囲に関わらず全周を削りかぶせることが多いです。理由としては、そのほうが長持ちするという論文があるからです。(Ray&Trope1995) しかし、前歯に関しては被せるものと被せないもので、歯の残っている量が多ければ被せなくても十分長く使えることがわかっております。

ウォーキングブリーチは何故流行らない?

ウォーキングブリーチウォーキングブリーチが全くと言っていいほど現在行われていない要因の一つに外部吸収が挙げられます。 外部吸収とは、歯の外側から吸収し、骨に置き換わっていく現象のことで、抜歯にも繋がりかねない病気です。

この写真はウォーキングブリーチ後、外部吸収を起こし、当院を紹介された症例の写真です。

残念ながら、ここまで重症化すると何も出来ないです。

ウォーキングブリーチの現在

歯の漂白による外部吸収は1980年代から報告がありました。当時、過酸化水素(30%)を根管内に満たし、熱を加える方法が主流で、1回の来院で出来たので爆発的に流行りました。しかし、外部吸収が多発したため、過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを根管内に入れて、患者さんを一度帰らせる、ウォーキングブリーチに術式が変更されました。

ウォーキングブリーチになってから、外部吸収は著しく減少したが、それでも報告されなくなることはなかった。そこで従来、熱が外部吸収を引き起こすと考えられていたが、過酸化水素が原因ではないかと考えられるようになった。そこで過ホウ酸ナトリウム単体で漂白する試みがあり、過酸化水素を使う場合と比較し、効果は弱いが外部吸収は起こらないことがわかった。当院では、効果は部分的ではあるが過ホウ酸ナトリウムのみでウォーキングブリーチを行い、外部吸収を起こさないようにしております。

  • ウォーキングブリーチ前

    ▲ウォーキングブリーチ前

  • ウォーキングブリーチ後

    ▲ウォーキングブリーチ後
    3トーンくらい白くなったことが確認出来ます

  • ウォーキングブリーチ前

    ▲ウォーキングブリーチ前

  • ウォーキングブリーチ後

    ▲ウォーキングブリーチ後
    2本の歯に対しウォーキングブリーチを行った。 セラミックを入れずに審美的問題を解決することができた

ウォーキングブリーチまとめ

ウォーキングブリーチは外部吸収さえ解決できれば 有効な処置である。私も外部吸収の原因を完全に特定 されていない時代の症例をたくさん見ていたために、自分の患者さんには行わないようにしていた。現在、効果は弱いが安全な方法があるため、症例により行うことがある。

ガムピーリング

ガムピーリングガムピーリングは、喫煙などで歯肉が黒くなった人にたいして行います。

レーザーを使う方法と薬液を使う方法があり、 当院では薬液を使っています。

  • ガムピーリング前ガムピーリング前

  • ガムピーリング後ガムピーリング後

日本橋で歯のホワイトニングをご希望の方へ

ホワイトニング治療前後の写真

たくさんのホワイトニングの症例を行ってきましたが、 ホームはどうしても知覚過敏が生じる傾向にあります。知覚過敏は1週間程度でなくなりますが、術者としては、オフィスの方がしみないのでこちらをお勧めしたいところではあります。

ホームは紫外線が届かない奥歯まで白くできますので、そこは オフィスに勝るところだと思います。また、ホワイトニングは後戻りをします。当院では半年の間は半額で再施術しますので いろが戻った気がされる方はおっしゃってください。

03-6262-3646