なるべく歯を抜かないために|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

なるべく歯を抜かないために

抜歯を回避することに徹底的にこだわります

抜歯を回避

どんな状態の歯でも絶対に抜かないとは言えません。しかし、医科においても同じことが言われておりますが、治療というものについて、かかる病院によって結果は変わるというのは事実です。当院では抜歯回避に徹底的にこだわっており、他院で抜くと判断された歯でも残すことができたケースも非常に多くあります。なぜ当院の極力歯を抜かない治療が選ばれるのか、ご説明します。

歯を抜くことになる原因は大きく2つに分けられる

抜歯になってしまう原因は大きくわけて下記2つに分かれます。この2つに対する治療に徹底的にこだわることで、できる限り抜歯を回避するように努めております。

歯周病の悪化

歯周病の悪化

歯を支える骨である歯槽骨を溶かす病気である歯周病の悪化により、歯を支えられなくなり歯がグラグラになって抜けてしまうという状態です。痛みなく進行するのでサイレントキラーと呼ばれます。実は、抜歯に至る原因第1位が、この歯周病です。

歯根破折などの根の病気

歯根破折などの根の病気

歯の根っこの部分である歯根が折れたり、ヒビが入ったりした場合はほとんどのケースで抜歯になってしまうでしょう。また、根っこの先に膿が溜まってしまった場合や、難易度の高い根管治療の際にも抜歯宣告されることが多いと思われます。

当院の抜歯回避のための具体的な歯周病治療法

マイクロペリオを実施

マイクロペリオ

抜歯原因No.1の歯周病治療を成功に導くことこそ抜歯回避の最短の道のりです。当院ではマイクロスコープを使用して歯周ポケット奥深くにこびりついた歯石の除去を行っており、一般的なスケーリングやルートプレーニングよりも歯石除去率は高く、それが歯周病症状改善につながっております。

歯周再生療法や歯周外科に対応

歯周再生療法や歯周外科に対応

歯石取りで歯周病症状が改善されない場合は、外科的に歯肉を切り、歯根を裸にした状態で根っこの面をお掃除する歯周外科にも対応しております。また、すでに重度に進行してしまって骨が溶けている場合には、骨を再生させる歯周再生療法を行い、グラグラであった歯を噛める状態にまで復活させる治療も行っております。

当院の抜歯回避のための具体的な根の治療

マイクロスコープ根管治療

マイクロスコープ根管治療

歯の根っこの病気の改善を目的に行われる根管治療の精度は、マイクロスコープがあるないで大幅に変わります。当院では根管治療においては必ずマイクロスコープを使用しながら行うことで根管治療の治療精度向上を図っております。

MTAによる神経を抜かない治療

MTAによる根管充填と歯髄保存

MTAは、歯科用の殺菌効果の高いセメントのことです。96年ごろに発表されてから歯内療法の分野では世界中で多くの臨床家に支持されております。根管治療時の充填材として使用したり、神経に近い面の保護に使用する際に有効です。

歯根端切除術に対応

歯根端切除術に対応

根尖病巣(こんせんびょうそう)といい、根っこの先に膿がたまる症状になる場合がります。まず根管治療を行い経過をみますが、改善しない場合は歯根端切除術に移行し、外科的処置により直接病巣を取り除きます。その際に感染した根っこの先も一緒に切り取り除去を行うので歯根端切除術といいます。

CTによる根尖病巣の早期発見

CTによる根尖病巣の早期発見

根っこの病巣があるのに、一般的なレントゲンでは見えない場合が多くあります。歯が痛い、しみるのにレントゲンや目視では全然原因がわからないという時にこの場合は多いです。3次元処理画像で見えるCTを使うと一目瞭然に発見できる場合も多いので、歯の根っこの病気とCTは切っても切り離せません。

その他の抜歯回避治療

エクストルージョンに対応

エクストルージョン

虫歯等で残っている歯の面積がほとんどなく、ほぼ根っこの状態の歯があるとします。このうえにセラミックなどの被せ物を被せればOKと思われるかもしれませんが、しかし、被せ物と根っこの連結が適切にできないのでかぶせることができないので、このケースも抜歯を宣告されることが多いです。そこで当院ではエクストルージョンという方法で根っこを牽引し上に引張りあげ、被せ物を装着することも行っております。

親知らずの移植で欠損箇所の歯の復活

親知らずの移植

抜歯を回避できなかった場合の選択肢はインプラントや入れ歯だけしかないとお考えの方も多いのではないでしょうか?インプラントや入れ歯は人工物だから、それらを入れたくないを思われる方も多いと思います。しかし、不要な親知らずを抜歯して歯が抜けた部分に移植するという方法もあります。適合は限られますが、自分の歯で補う自家歯牙移植はインプラントや入れ歯同様に欠損箇所の修復として着目を浴びています。

日本橋で抜かない歯医者をお探しならほうじょう歯科医院新日本橋

日本橋近隣で歯を抜かない歯医者をお探しの方は、ぜひほうじょう歯科医院新日本橋にお任せください。どのような治療においても絶対に抜歯を回避できるというのは難しいですが、他院で抜歯宣告された歯でも残せた数は数百本を超えます。もしかするとその歯は抜かずに残せるかもしれません。お悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

トップへ戻る