外部吸収を外科的に対応した1症例|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

マイクロスコープ/歯科用CT等を駆使した精密治療

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

外部吸収を外科的に対応した1症例

歯茎から膿がとのことで拝見させていただいた症例です。

病変はそこまででもなく、深い歯周ポケットがあり、歯根破折を強く疑いました。

患者様にも抜歯の疑いがある旨をお話させていただき、念のため歯茎を開いて確認することにいたしました。

なのでこの穴をきれいに掃除し、MTAでふさぎ、3か月たちまして症状の確認をさせていただきますと、歯周ポケットもなくなり、膿もなくなりました。

深いポケットがあると破折を疑いたくなりますが確認が大事ですね。

 

このケースを外部吸収と考えた理由ですがこのようなパーフォレーションはポストの先端部に起こることが多いです。

2枚目のレントゲンを見るとかなり中途半端な位置にパーフォレーションが起きていることがわかります。なので外部吸収の可能性が高そうに感じました。

トップへ戻る