シングルポイント根管充填|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

マイクロスコープ/歯科用CT等を駆使した精密治療

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

シングルポイント根管充填

根管治療を難しくしている要素の一つに、根管充填があげられると思います。

根管充填とは、神経の管のお掃除をした後に内部に再感染を起こさないようにするためにデッドスペースを無くす目的で、樹脂やセメントを充填することを指します。

その時に、神経の管が湾曲していたりすると難易度が上昇します。

そんな時に便利なのが動画にしたシングルポイント根管充填です。

手順としましては、

1、シーラーを入れる

2、メインポイントを入れる

以上。笑

 

滅茶苦茶簡単に聞こえますが、実際、簡単です。

恩師のフリードマン先生は最も確実で簡便な根管充填と評されていました。

近年、バイオセラミック系のシーラーも進歩し、生体適合性、溶解性などの問題も解決され、いつか、ほとんどの根管充填がこの方式になるかもしれません。

では、わたしは全てこの方式で根管充填を行っているかというとそうでもなくて、たいていの症例でコンテニアスウェーブという方法をとっています。

この理由は、根管充填と同日にファイバーコアなどが入れられるからで、昔から根管充填と同日にコアを入れるほうが、成功率の観点で推奨されているからです。

実際に治療をして、どの方法がその患者さんにとって最適なのか、いつも見極めが大事だと思います。

 

因みにMTAの代わりにバイオセラミック系のシーラーを使うのは?という議論があると思いますが私個人の意見ですがMTAを推奨します。

MTAは稠度を自分でコントロール出来る為、パーフォレーションなどで完全な止血が困難な場合などに充填しながらペーパーポイントで水分を飛ばすことが出来ます。しかしバイオセラミックシーラーはこうゆう使い方が出来ないと思います。

 

ご質問を沢山頂く内容なので久しぶりにブログを書かせて頂きました。

質問を下さった先生がた、いつもありがとうございます。

 

 

トップへ戻る