ブログ一覧|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

新型コロナウイルス対策と患者様へのお願い

マイクロスコープ/歯科用CT等を駆使した精密治療

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

ほうじょう歯科医院新日本橋のブログ

再治療のとき、ガッタパーチャをどうとるか

再治療のとき、ガッタパーチャをどうとるか

投稿日:2018年7月27日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

再根管治療は難しいです。 根尖に病変があると、もうあきらめちゃう先生も結構います。 アメリカでは抜歯することもかなり多いと思います。 なぜなら、アメリカでは再根管治療は滅茶苦茶高いからです。 日本円で15万くらいしますの […]

続きを読む

被せ物を作るときに重要なこと(圧排糸の役割)

被せ物を作るときに重要なこと(圧排糸の役割)

投稿日:2018年7月25日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

最近、よくされる質問で、 「歯茎に糸をいれているけどそれはなんですか?ちくちくするからやりたくありません」 というお話があります。 その答えにお答えしたいと思います。   私たちが歯茎に糸を挿入する理由は、 ① […]

続きを読む

コンポジットレジンで白濁を再現

コンポジットレジンで白濁を再現

投稿日:2018年7月23日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

外傷などの歯冠破折の症例でどのような治療を選択するか。 色々見解はあると思いますが、 ①全周削り、被せる ②折れたところをコンポジットレジンで治す の二択でしょうね。 今回のケースは 破折して応急処置をしたレジンのやりな […]

続きを読む

虫歯は実際どうなっているのか

虫歯は実際どうなっているのか

投稿日:2018年7月20日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

虫歯と一括りに言っても、患者さんからしたら、黒いから虫歯なのか、痛い場合虫歯なのか、分からないと思いますのでその辺のお話をさせていただきます。   まず、黒い所は虫歯なのかというと、答えは『そうとは限らない』で […]

続きを読む

術後1年経過したが治癒しない歯に歯根端切除を行った症例

術後1年経過したが治癒しない歯に歯根端切除を行った症例

投稿日:2018年7月19日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

左下6の近心根から膿が出るとのことで来院された症例です。 術後1年。 3カ月ごとに経過を追いながら、様子をみたのですが膿は出ないが押すと違和感がなくならず、外科を計画しました。 おとがい孔という神経の出口が怖いのでCTを […]

続きを読む

大臼歯はバリエーションが豊富。

大臼歯はバリエーションが豊富。

投稿日:2018年7月18日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

大臼歯とは 上下左右の奥歯2本づつを指します。 親知らずも一応大臼歯に分類されますので、抜いてないひとは上下左右に3本の大臼歯がある人も居ます。 さて、なんでこのレントゲンが気になったかというと 近心頬側根と遠心頬側根が […]

続きを読む

今週の金曜は徹夜会ですよ~

今週の金曜は徹夜会ですよ~

投稿日:2018年7月17日

カテゴリ:院長ブログ

3連休、暑い日が続きましたが皆様お加減いかがでしょうか。 私は明け方まで飲む→昼過ぎまで飲む→ダンス練→明け方まで飲む→・・・ の繰り返しでした笑 3日目は大学の夏フェスに出させてもらいました(^^♪ 後輩はみんな上手で […]

続きを読む

根管治療で使う薬液は怖い

根管治療で使う薬液は怖い

投稿日:2018年7月13日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

ヒポクロアクシデント・・・ 歯科医師であれば誰でも知っている言葉です。 これは何かというと、 根管治療の際に次亜塩素酸Naをつかうのですが、それを根の外に押し込んでしまうことを言います。 酷いケースだと顔が腫れあがったり […]

続きを読む

褐線とは

褐線とは

投稿日:2018年7月12日

カテゴリ:院長ブログ

コンポジットレジン(歯医者がよく詰めるプラスチック)は数年たつとヘリが黒くなります。 患者さんは、「あ、虫歯になっちゃった」 となりますが、実はほとんどが虫歯ではないです。 こうゆうやつです。 これの原因はほとんどが虫歯 […]

続きを読む

原因不明の歯の痛み

原因不明の歯の痛み

投稿日:2018年7月11日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

とくに虫歯は見当たらないものの、歯髄炎の症状があったため、インレーを取ることにした症例です。 神経に到達するクラックが!!   クラックは厄介です。 AAEのガイドラインでは予後は不良。 最悪抜歯にいたることも […]

続きを読む

<8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >

トップへ戻る