CTが有効だった1症例|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

CTが有効だった1症例

投稿日:2016年7月13日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

 

DB144917_160318163800(調整後)術前

17番の根管治療を他院から依頼いただいたケースです。

これを見て、17番が病巣7があると診断できる先生は天才か、狂っているかです。16番の近心根ならわかりますが・・・

 『打診、咬合痛があったから根管治療をしてみる。上顎洞にかぶっていてよくわからんけど。』

CTが無いころは私もそんな治療をしていました。

でも、やっぱりある方が良いんです。

 

Project_20160713_000

 

Project_20160713_000病巣が大きく上顎洞を持ち上げている

 

CTで初めて診断できるケースってありますよね。

こんだけ病巣でかくても、2Dじゃわからないんですね~

DB144917_160411160917(調整後)術後

これで、「はい、治りました!」って言っても説得力ZeRo!!

jyutugo

jyutugo超治ってます

これなら文句ないでしょう(^^♪

 

CTが無いころの治療を否定することは去年の自分の診療を否定することになるんで私も嫌なのですが、やっぱりなきゃ困ります。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る