穿孔の封鎖

投稿日:2018年1月22日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

歯の神経の管は非常に細かく、不用意な器具の使用により、神経の管と関係ないところに穴が開いてしまうことがよくあります。

僕らはパーフォレーションと呼んでおりまして、昔はパーフォレーションがあいてしまった歯は抜歯になることが多かったのですが、今はMTAが出てきたので残せるケースもあったりします。

術前

歯肉から膿が出ていて痛みも強い。

膿が出てるときはそんなに痛くないことが多いのですが、この症例、膿が出ているところの他に、炎症が強いところがあり、そこが原因で痛みを生じております。

MTAで充填。

これをみると、「いったい何本神経あるんだ!?」となってしまいますがこれ、6本中、3本が人工根管です( ;∀;)

 

歯周ポケットとつながっていないため、なんとか治療してみました。

ほんとうはこんな風になる前に来てほしかったんですけどね( 一一)

 

 

さてさて、雪がすごいですね。

これから歯科医師会の集まりがあるのですが、本当にあるのかな・・・?笑

 

03-6262-3646