根管治療の手順について|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

根管治療の手順について

投稿日:2014年12月2日

カテゴリ:院長ブログ

根管治療の流れについて、検索されている人が多いみたいなんで、私のクリニックで行っている流れをお話しますね。

他院からのご紹介の患者さんが多いので、まずは、小さいレントゲンを1~2枚取ります。

治せそうな歯なのかご相談させて頂いて、マイクロで覗いてみます。

抜髄(神経を取る治療)の場合、次の回で最終的なお薬を入れておしまい。

感染根管治療の場合、感染源を取り除いて、症状がなくなれば次の回で詰めるので、2~3回といったところでしょうか。

感染根管治療の場合、どんなに優秀なドクターが行っても70%くらいの成功率と言われているので、治らない時は外科処置に移行します。

外科処置に踏み切るか、大体3か月くらい、レントゲンで経過を見るので、患者さんによってはそんなにかかるのか・・・ってなるわけです<m(__)m>

抜髄は元々、骨が溶けてるわけでもないので、そんなにかかりませんが、症状がなかなか改善しないときは長めに経過を見ることもあります。

トップへ戻る