根管治療の回数と、トータルの治療回数

投稿日:2014年6月27日

カテゴリ:院長ブログ

これを読んで下さっている方で、神経を取った治療を以前したことのある方、どのくらいいるんでしょうかね・・・?

患者さんに治療計画を一緒に立てるために、全体が写るレントゲンを撮ったりすると、大体みなさん、何本か神経の管の治療してます。(ちなみに私は、クリーニング希望の患者さんは、レントゲンは撮りません。ご安心ください。)

私は、通常、根管治療は、初回でやるべきこと、やりたいことを大体完了させて、2回目に最終的な神経のかわりになるものを詰め込み、時間的におつりがあればその日のうちにレジンの土台まで入れてしまいます。(シーラーとかどうすんの?って質問あるかと思いますので、それは後日語ります)

これは、多分、一般的な歯科医院より無茶苦茶回数的には少ないです。

ただ、1回の治療に、1時間~2時間かけています。なので、問診票をみて、「一回の時間を短くして、回数はかかってもいい」、のところにチェックが入っている方には、30分で刻んで4回くらいに分けたりします。(前歯ならそれでも2回かな・・・)

マイクロスコープを使いやすくするために、最初にラバーダムをかけますが、これに症例によって、掛からない場合、レジンでビルドアップするんで、10分、ラバーダムかけるのに1分、マイクロのポジション+焦点合わせに1分・・・

これを4回にわけるのは時間的に勿体ないのです

 

話はそれましたが、先日、4本ほど根管治療が必要な患者さんがいて、治療開始から1か月で、まだ終わらないの?と叱られてしまいました。完全に私の説明不足ですが、根管治療は、1回の治療で1本くらいしか出来ません。私は大丈夫ですが、2本やったら2~3時間、口開けっ放しです。僕は保険で根管治療をしているため、ラバーダム、ポイポイ捨てられないので、一回付けたら2~3時間、口もゆすげなくなっちゃいます。

と、考えると、1か月で週1で通って頂いて、2本が限界です・・・

良い治療が提供したい、保険しか経済的に受けられないが大切な歯を守りたい方の力になりたい、そんな思いで開業しました。この先もこんなスタンスで治療していきたいので、今後とも暖かい目で見守ってくださいまし・・・

03-6262-3646