外科的廷出(歯の横破折症例)|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

外科的廷出(歯の横破折症例)

投稿日:2018年9月14日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

歯が水平にぽっきり折れてしまった症例です。

頬側の歯質が歯槽骨のはるかしたで折れてしまっていたため、抜歯と言われたとの事で来てくださいました。

確かに、骨縁下で折れた場合、抜歯も選択する先生、多いと思いますが、私は外科的廷出が可能であればそちらを奨めます。

まずはそーっと抜歯し、

歯根が全周、10mmくらいは残っているかを確認し、

こんな感じで180度回転させて植えなおします。

これは意図的再植の一種なんですが、意図的再植は回転させずに戻すのに対し、

外科的廷出はひねります。

同じ位置にすると骨縁下のままで意味なくなりますので・・・。

再植直後

根管治療時。コーンフィットしています。

ファイル試適はなぜか残っていませんでした笑

築造時。

骨はもう出来ていますね。

術後2年。

問題なく経過しています。

 

トップへ戻る