再治療のとき、ガッタパーチャをどうとるか|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

再治療のとき、ガッタパーチャをどうとるか

投稿日:2018年7月27日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

再根管治療は難しいです。

根尖に病変があると、もうあきらめちゃう先生も結構います。

アメリカでは抜歯することもかなり多いと思います。

なぜなら、アメリカでは再根管治療は滅茶苦茶高いからです。

日本円で15万くらいしますので、富裕層しか受けられない治療なんですね。

 

さて、なんでこんなに費用が掛かるかというと、理由の一つにガッタパーチャ(初回治療でいれる、樹脂)が除去困難だからです。

こんな感じで簡単にとれるのは稀!!

 

除去には何通りかありますが、

液体でガッタパーチャを溶かすというのは、じつはAAEではあまり推奨されていません。

理由は、溶けたガッタが細かいところにへばりつくこと、溶解剤が毒性が強いことがあげられます。

 

ほんと、いつもこんな感じなら、もっと値下げしていいんですがね・・・

トップへ戻る