今日の勉強会は白根先生のCTG,FGGです(^^♪

投稿日:2018年3月2日

カテゴリ:院長ブログ

前回は八木先生のコンポジットレジン、今回は白根先生のCTG,FGGのお話です(^^♪

最近の徹夜会はめちゃくちゃ豪華ですね!!

CTGとは・・・connective tissue graftの略です。

何をするかというと、歯肉が退縮してしまったケースで歯根をカバーするために口蓋側の歯肉の一部を移植することです。適応症はシバートの分類クラス2までです。

前歯部インプラントで、長い変な歯になりそうなときにもボリュームを足すために行います。

FGGとは・・・free gingival graftの略です。綴り間違ってたらすみません笑→英語弱くて・・・

これは、稼働粘膜が多い歯茎に角化歯肉を移植し、角化歯肉の幅を確保するということです。

これは、エビデンス的には、天然歯にはそこまで重要ではなくて、インプラントでブラッシングがしにくいときにやるもののイメージです。

天然歯にやってももちろんいいんですが、ほうじょう歯科ではインプラントにしかやってないです。

さて、一般の方が読んでもさっぱり意味が分からないと思いますが、歯医者が読んでもなじみの薄い先生は「?」かもですね。

そんな先生に、久々にペリオの復習を!!

 

徹夜会at内神田PMO

21時~

白根先生(歯周病学会認定医)

会費無料

多くの先生のご参加お待ちしております。

03-6262-3646