下顎小臼歯の根管治療は意外と難しい|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

下顎小臼歯の根管治療は意外と難しい

投稿日:2018年1月15日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

過去の偉人たちはよく下顎小臼歯の根管治療は難しいと言っており、それは見つけにくい2根があったりすることが理由として挙げられます。

過去のブログにも出したことがありますが

こんな症例は結構あります。

私はこのような症例は慣れっこですが、マイクロがないと下顎の2根に出会ってしまうと気が付かないことは多いのではないでしょうか。

 

以前にもお話しましたが、このような症例を早めに見抜くには

①正方線、近心投影をする

②パントモで根管中央部から、根管が見えなくなる症例は2根のことが多いので疑ってみる

③アクセスキャビティを頬側よりにすることで舌側根を発見しやすくする

などの工夫で必ずしもマイクロが必要とは限りません。

CTをとるのもいい手ですが、被ばくの観点で私は行わないことが多いですね。

 

お悩みの先生にお役に立てれば幸いです(^^♪

 

 

トップへ戻る