ファイバーコアも色々ですね(歯科関係者向け)|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

ファイバーコアも色々ですね(歯科関係者向け)

投稿日:2014年7月23日

カテゴリ:院長ブログ

写真 (9)

上の黒い箱が、サンメディカルのI -TFCという製品で、下の黒い箱は、ペントロンのファイバーポストです。

ペントロンは、芋虫のお腹みたく、うねうねした形状のパラレルです。

サンメの方は、長いファイバーを切断して使うタイプです。

どっちが良いかというと、それぞれいいところがあります。ペントロンはうねうねしてるので、前にちらっとお話しましたが、直説法で、アンダーのある根管で使うなら、かなり好いと思います。

私は体験したことないですが、先輩で、「ファイバーコアのファイバー部分だけ脱落した」という症例もあるんで、こういう形態なら安心ですね。ファイバーコアは、レジンとの接着が完璧に確立されているわけではないんで、私は、ペントロンが好きです。

サンメはすごく細かいファイバーをよじってあります。画期的ですね。エッチングすると、エッチングの色が奥まで浸透して、水洗してもなかなかとれないです。そこにシランカップリングして、築造します。

わたしは、築造もマイクロ下でやっていますが、先端の毛先が(ネギ坊主みたく)開いたところが、GP上端にすごくフィットしてます。これ、見ちゃうと、サンメのファイバー好きになっちゃいますな。

ファイバーコアはパラレルとテーパーがあるんですが、GP断端と、ファイバーが接しているのを、私は直見してるんで、パラレルを使ってます。(テーパーあるとみずらい)

マイクロがない場合、テーパーもほしいです。

ファイバーコアは日進月歩の材料なんで、日々追っていかないと、患者さんに最善のものを入れてあげられないですよね。。

歯医者って辛い|д゚)

 

トップへ戻る