MB2は意外と多い

投稿日:2017年9月6日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

DSC03672

歯髄壊死症例。

普通に見たら

DSC03672

ここ、1根に見えますね(^^♪

DSC03673

Cプラス10で口蓋側に伸びるイスムスをつっつくとこんな感じに(^^♪

DSC03674

根管口を明示します。

MB2は細いことが多いので、私は最初からゲーツを入れないようにしています。

具体的には、バインドしたところでステンレスの10号、15、20・・・とあげていき、NTの30号04テーパーである程度明示して、それからゲーツを使ったりしています。

慎重にいかないと、ステップができてファイルが入らなくなってしまいます。

これは感染根管治療のときも同じで、焦るとせっかくMB2を見つけてもグライドパスできなくなってしまう。

 

29日、こんな話も少しもしますので21時から来れる先生方はよろしくお願いいたします(^^♪

 

03-6262-3646