親知らずが・・・

投稿日:2016年12月29日

カテゴリ:院長ブログ

今週、親知らずがめちゃくちゃ腫れまして、抗生物質をのんで引くのを待っておりましたが、「このまま引かなくて北海道に行くのはやだな・・・」と思いまして、メチャ腫れてるにも関わらず、小長谷に抜いてもらうことに・・・。

よく言われていることですが、腫れているときは麻酔効きません。

しかも、麻酔自体が腫れてるときは超痛いです。

そんなことは知っていても、痛みに強い自覚が私はあったので、無理やり抜いてもらうことに・・・

 

そこからが悲劇の始まりでした。。

 

最初、頭(歯の生えるべきところ)見えてるから直ぐ抜けるでしょ!みたいなノリで始めたら、これがびくともしないんですね。

こうゆう時、歯医者は何をするかというと、歯茎にメスを入れて、歯茎をつるっとめくります。

この時点で、昼の14時くらい。

そこから小長谷が30分格闘した後、私の患者さんと小長谷の患者さんが来てしまい、一旦、休戦となりました。

そこから、20時まで、私も小長谷もノンストップで診療し、私に関しては、歯茎めくられっぱなしで6時間働き続けて、口の中は血だらけだし麻酔も切れまくって、笑っちゃうくらい痛いわけです。骨も削ってたし。

で、最後の患者さんが終わって速攻で、「麻酔~麻酔~」と言ったら、小長谷はなんと、「麻酔もういらなくないですか?私も早く帰りたいし」みたいなこと言ってくるんですよ。

日ごろ、私のしごきに静かに怒りを感じていたのでしょう。ホントにそのままやろうとするわけですよ。

 

しかしそこは何とかお願いして麻酔してもらうんですが、歯茎切ったり、もともと炎症もあったんで、そこからの麻酔が全然効かない・・・

計8本麻酔してようやく抜いてもらうにいたりました。

 

抜いた後、緊張から解放されたのか、何となく飲みたい気分に。(八角にクレイジーすぎるといわれました)

小長谷に、「一杯だけならいいよね?」と言い、日ごろから、あれだけ患者さんに抜いた日は飲むなと言っているのに、醸造屋様の所で飲みにいってしまいました。新潟の料理とお酒は美味ですね、小長谷。ついつい、5~6杯は飲んでしまいましたね。

飲んでるときは大丈夫なんですが、帰ってからの明け方ですね。

頬が破裂するような熱感をもち、異常な痛みが・・・笑

そのまま、寝付けず一人でブツブツ「小長谷め・・・止めろよ、歯医者だろうが・・・ブツブツ・・・」みたいな感じで痛みに耐えておりました。

歯を抜いた後のアルコールはやめましょう。私みたいになりますよ。

03-6262-3646