第三回のEPICを受講して・・・|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

第三回のEPICを受講して・・・

投稿日:2014年11月25日

カテゴリ:院長ブログ

連休中に、第三回のEPICに参加してまいりました。

毎回、得るところが多いのですが、今回の目玉はやはり歯周外科(^^♪

オーソドックスなMWF(モディファイド ウイドマン フラップサージェリ)から部分層弁をもちいた、APF(アピカルポジショナイズドフラップ)など、為になる2日間でした。

論文抄読も、今回は歯周外科にまつわる内容で、長期予後で、MWFとRp(ルートプレーニング)の予後が同じになるというのは衝撃でした。

歯周病医のRpはすごいんですね~

ただ、大臼歯の分岐部は歯周病医でも難しいみたいですね・・・

 あと衝撃だったのは二階堂先生の、超少ない残存歯の術者可撤式ブリッジの予後の長さ・・・

 さすがとしか言いようがなかったです。私なら2年ももたんだろう。。

 いつか、メンターの先生方みたいになりたいです・・・

トップへ戻る