穿孔部より飛び出したガッタのその後|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

穿孔部より飛び出したガッタのその後

投稿日:2018年8月1日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

ガッタパーチャ以下(GP)は基本的に感染源になります。

野杁先生の論文が有名です。

なので、なるべく取り除くことが必要です。

しかし、再治療で、GPがすべて取り除くことが出来ないという論文もあります。(日曜のセミナーで阿部先生が紹介してくれました。)

で、根管の外に飛び出たGPはかなり良くないです。

生体にいつも触れることになります。

根尖からでてしまっているように見えます。

全然マイクロで見えないので、偏心投影すると

完全に根の外側です。

これでは取れないですね。(いや、取れることもあるんですが)

やむなく、MTAで穿孔封鎖しました。

あれ、ない??

偏心で見てもない!!

 

患者さんに、なにか歯茎からでてきました?とたずねると、

「そういえば硬いなにかがでてきました」

とのことでした。

たまーに、体が異物を排除しようとして、このようなことが起きます。

 

昔、ブキャナン先生が、「どうしても取れないものは押し出せ」

ということをおっしゃっていましたが、これもそれに近いイメージでしょうか。

 

人体って不思議!!

トップへ戻る