私の樋状根のつめ方|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

私の樋状根のつめ方

投稿日:2014年10月28日

カテゴリ:院長ブログ

DB17837_140916112816(調整後)

ちょいちょい出てくるこんな感じの根充。

もちろん、いっぱい詰めたら上手かというもんでは無いんですが、悪いとこを全部、選択的に掃除してくと、樋状根はこんな感じになることもあります。

日本の歯科医師のほとんどが、側方加圧で充填していますが、こんな感じの歯の場合、アクセサリーポイントだらけになってしまい、シーラーが劣化したらスカスカになっちゃうわけです。

ガッタパーチャも、もちろん劣化していきますが、シーラーはもっとあからさまなわけです。

では、樋状根の治療手順(私のですが)です。

①E7Dで柔らかいところを全部取る。

②ルートZXで作業長を決める。

③作業長でファイリングする

④Sコンデンサーで、シーラーをちょっといれる

⑤インジェクションのGPを少しずつつめる。

⑤は、ぎゅうぎゅう押さないのがこつです。

オーバーしないようにするためですね。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る