神経を残す治療が失敗すると・・・|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

神経を残す治療が失敗すると・・・

投稿日:2018年10月2日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

奥から2番目の歯が痛いとのことでレントゲンを撮ると、

ここに大きな虫歯があり、銀歯を除去してみることに。

いやー、すごいことになってますね。

先日にご紹介した、神経を部分的に除去する治療はラバーダムが必須です。

適当にやるとこんな感じで、めちゃくちゃな歯になっていしまいます。

 

この歯はこのあとどうなるかというと、

①綺麗にできるところまでして、様子をみる。何もなければそれでOK。

②綺麗にしたが痛みが引かない場合、外科的歯内療法に移行する。上顎洞や解剖学的制約があれば再植になる

です。

②の場合、破折のリスクが伴うため、非常に怖いです。

 

 

なにが言いたいかというと、断髄も抜髄もやるからには責任感を持って、ラバーダムをし、ラバーはしかり消毒し、コーキングもして完璧を期して行われるべきです。

中途半端なことをすると、何もしないより悲惨なことになります。

トップへ戻る