神経を取った歯なのに熱いものがしみる

投稿日:2017年2月22日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

タイトルのような症例、たまーに遭遇します。

DB208936_161205123910(調整後) DB208936_161205123948(調整後)

左が正方線、右が近心投影

遠心舌側根が未処置であることがわかります。

抜髄してだいぶ経っているため、熱いものがしみる原因が絶対にこれとは言い切れなかったのですが、そのあたりもご説明させていただき、治療開始。

DB208936_170113190716(調整後)ファイル試適

近心は2本入ってます

DB208936_170113194428(調整後)RCF時

近心の湾曲がきつく、NTファイルがないともっと過剰切削になっていましたね

DB208936_170222131233(調整後)正方線

遠心舌側根の治療ができていますね

DB208936_170222131315(調整後)近心投影

近心根も2根ともきれいに形成できていそうですね

 

 

先日、FromNAGASAKIでもお話させていただきましたが、診断はとっても大事です。

X線は本当に工夫次第でいろいろな情報を与えてくれます。

今週24日に、先日お話した内容を院内勉強会でお話しようと思いますので、お暇な先生はよろしくお願い致します。20時30分~の予定です。

03-6262-3646