破折器具の除去(小長谷)|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

破折器具の除去(小長谷)

投稿日:2016年6月9日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

先日の院長のブログにもある通り、ファイルの有る無しは根管治療の予後に、決定打を与えるものではありません。

しかし、世の中には「ファイルが折れてるから抜きましょう」と言われて当院を尋ねてくる患者さんが後を絶ちません。

DB165214_160608153911(調整後)湾曲部より先で折れている

この患者さんも他院で抜歯かもしれないと言われ、他院からご紹介頂いたケースです。

ファイルは見えてれば殆ど取れるし、見えなければ殆ど取れません。

初診時は院長と同じく、破折の診断で終わらせることが多いのですが、

軽くガッタを取るとファイルが見えたんで

DB165214_160608155708(調整後)所要時間、5分

まあ、これと歯が残せるかは別問題ですけどね・・・

 

患者さんも喜んでくれて何よりでした。

トップへ戻る