病変が大きく、分岐部病変のようになってしまった症例|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

病変が大きく、分岐部病変のようになってしまった症例

投稿日:2018年6月15日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

かなり大きい病変があります。

歯茎から膿が出ています。

根尖が外部吸収していたためMTAを詰めました

かなり骨が再生してくれましたね。

 

分岐部病変の多くは意外と歯内疾患が原因のことがあります。

もし、全顎的に歯周病が無い場合は一度、バイタルをとってみることがおすすめです。

歯髄診は重要です。

根の先に病気が無くても神経が死んでいるケースはわりとあります。

また、歯髄診で反応がなくても生きていることも結構あります。

これは沢山の歯に歯髄診をやることでみえてくる『勘』みたいなのがあります。

私の師の石井先生も仰っていましたが、普段からルーチンでやっていないとこの感覚は身につきません。

お持ちでない先生は是非とも購入をお勧めします。Ciで1万円くらいで買えますし、Coldは東京歯科産業から超お買い得なスプレーが出てます。

トップへ戻る