湾曲根管のファイル除去

投稿日:2017年12月1日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

いつも勉強会に来てくれている先生からのご紹介で来院された患者さんです。

近心頬側根にファイルが折れています。

とても優しい先生で、患者さんに付き添いで来られました。

「取れますでしょうか・・・( 一一)」

「・・・(これ、長いし湾曲しとるし7番だし大変そうだな)」

最初こそテンション低めで始めまた私ですがが処置が始まると、

「ほら、ラバーダム付けるの超早いでしょ♪」

とか調子に乗り始め

最後は鼻歌混じりに

「へい!まいど!」

みたいな変なテンションで除去出来ました笑

「んじゃ、先生、あとは自分のクリニックでよろしく!」

という感じで1回の来院で終わりました(^^♪

ものの15分くらいでしたが、

これ、なんで簡単に取れたかというと、

根管上部の拡大があまりできていなかったため、

『根管口を明示しただけでファイルが見えた』

というのが種明かしです。

あまり口が開かない患者さんで、しかも7番ということもあり、入口の整理が難しかったんですね。

マイクロとNTファイルのいいところは開口量が少ない患者さんでも根管治療がしやすいところにあります。

私が特別上手なわけではなく、基本に超忠実に治療する+マイクロでみえる

という足し算が非常に大事なんだと思います。

患者さんも、紹介してくれた先生も喜んでくれたみたいで何より(^^♪

 

さて、12/15(金)

に、満を持して、「徹夜会忘年会」を

神田Ichisukeさんで行います!

プロジェクター、スクリーンをお借りして、みんなでお酒を飲みながら一年の学んだケースを振り返ります!!

参加ご希望の先生は席の関係もありますので私か柳沢のほうにメールを下さい!

もしくは03-6262-3646までお電話お願いいたします!

 

03-6262-3646