治癒のスピードはケースバイケース

投稿日:2016年12月6日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

こないだ、話題にあげた、ゆーくり治るケースも多いですが、治癒が早くてびっくりすることも多いです。

DB197916_161021202505(調整後)術前

MB根に大きい病巣があります。

アンダー+MB2が未処置というのが原因かと考え、

DB197916_161023165503(調整後)GP除去

DB197916_161023165503(調整後)こうやっていると中々デカいです。

DB197916_161104201640(調整後)根充直後(2回目)

DB197916_161205200943(調整後)2か月後

たまたま仮歯が外れて来院してくれたんでついでにレントゲン撮らせてもらうと

DB197916_161205200943(調整後)大分治ってくれてますね。

想像してたより治癒が早くて驚きました。

 

こんな感じで、症例によってほんと、治癒のスピードはまちまち。

予測不能です。

 

 

話は変わりますが

epic_flyer_07

日曜日はEPICの卒業生の勉強会に行ってきました。

卒後の勉強会をCEって言うんですね~知らんかった( ゚Д゚)

やっぱりここでも話題になったリグロス・・・(知らない先生は以前のブログみて下さい)

二階堂先生が気になる事を言っておりまして、

「リグロスはエムドゲインより骨は出来るがセメント質はエムドゲインのほうが多くできるらしい」ということを言ってました。

大学では年末から使えるみたいです。

開業医は来年からみたいです。

そして恐ろしいことに保険で点数できるみたい!!笑

薬価で2000点超えるそうなんで、リグロスはいくらで売られるのか気になりますね笑

 

今後、目が離せない・・・りぐろす

 

 

 

03-6262-3646