歯科の可能性を広げたMTA

投稿日:2014年7月4日

カテゴリ:院長ブログ

DB6446_140526204417(調整後)

歯科医師をやっているとこんな感じの症例によく出くわします。

歯の根元の先端に骨の吸収が認められます。

患者さんは疲れるとうずく程度の症状ですが、気になるとのことでした。

被せ物と金属の土台を除去し、神経の管の治療を行い、骨の再生を試みる治療を行ったのですが、レントゲンではわからなかったのですが、神経の管の入り口が、慢性的な炎症で吸収してしまっていて、0.8mm位の大きな穴になってしまっていました。(通常0.25~0.3mmくらい)

こういう場合、最終的な薬を詰め直そうにも、薬が外に漏れやすかったり、適合が悪かったり、なかなか難しいです。薬を押し出してしまうとなぜ悪いのかは次回お話ししますね。

で、こういう場合、どうしたらこの歯を高い確率で治せるかというと、MTAという素材を使います。

MTAは21世紀に入ってから使われるようになった、かなり新しい製品で、欧米では、歯内療法の世界を、大きく変えた素材として、広く認識されています。

しかし、日本の保険制度でMTAは認められていません。なぜなら、めちゃくちゃ高いからです。こんなもん、保険適応にしたら、保険医療は破たんしてしまいます。(インプラントも)

MTAは日本で購入しようとするとめちゃくちゃ高いですが、アメリカから個人輸入すると、1万ちょっとで購入できると聞いたことがあります。なので、私はMTAはもし患者さんが自分で用意できるなら、自分で用意していただいて、僕が保険で詰めるというのがいいかな~と思っています。(MTA詰めること自体は簡単なんで)

HB102_140610200045(調整後)

自費で被せ物入れてくれる患者さんにはMTAサービスしてます。

上の症例はE-Max+ファイバーコアで90000円(これでも安いんですよ、他のクリニックより・・・)

現在、MTAシーラーが開発中tの事です。保険適応になるのはいつになるんでしょうね・・・

03-6262-3646