歯周再生治療の1年予後

投稿日:2016年6月24日

カテゴリ:院長ブログ

今日は小長谷先生が勉強会を仕切ってくれていて、私はやることがないのでブログを書くことにしました。

ちょうど、1年前に

DB49334_150204161217(調整後)34番

こんな大きい骨欠損の症例を紹介させて頂きました。

八角に、SRP(歯茎の中のお掃除)をしてもらいましたが、こんな骨欠損は治りません。

そんな時、私のクリニックの治療プランの中にいつもあるのが

➀こまめにメンテナンスに来てもらい、再発してもすぐに対処できるように目を光らせる

②再生療法(エムドゲイン、GTR)

です。

➀は問題の解決にはなりませんが、抜歯にならないように、私も衛生士も一生懸命ブラッシング指導とお掃除をします。

②は費用は掛かりますがうまくいくとすごくいいです。

 

このケースは再生を選択しました。

 

CIMG0245骨が全然無

CIMG0247エムドゲインを使い、エチコンで縫合

歯周外科、好きなんですけど舌側は緊張します。

DB60135_150710133655(調整後)OPE後3か月

かなり骨が出来ている気が・・・

DB49334_160624162033(調整後)めっちゃ治りました。オペ後1年

この患者さん、他院で歯周治療をうけるも、度々再発していたそうです。

再生療法をしたら、調子よすぎて1年も来院が途絶えてしまいました笑

 

治り過ぎも考え物ですね笑

03-6262-3646