樋状根を有する歯の根管治療をどうするか|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

樋状根を有する歯の根管治療をどうするか

投稿日:2018年11月6日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

樋状根とは

『通常、神経の管はチューブ状になっているが、樋状根は複数の神経管が癒合しているためにU字型に帯のようにひろがっている根管である。根管治療をする際に、拡大、形成が難しいため、CT及びマイクロスコープを用いた治療が推奨されている。』

です。

根管が見つからなかったのでしょう。

近心が全く手つかずで、遠心も申し訳程度に拡大してあります。

多分難症例です。なぜなら、この前に治療していた先生は根管治療の専門の先生だからです。

近心根を穿通したので根管充填することにしました。

さて、いろんな先生から、「樋状根ってどうやって根管充填するのですか?」

と聞かれることが多いので特別教えちゃいますね(^^♪

こんな感じでやってます。

コンテニアスウェーブ変法ですね(^^♪

バイオセラミックシーラーをレンツロで入れて、メインポイント二本入れる感じでも大丈夫ですので、マイクロが無い先生はそうしてください。

根尖で一致する症例でした。

さて、今日はおまけに築造のコツも動画にしてみました(^^♪

さて、参考になれば幸いです。

クエン酸は何故かシーラーを取るのに便利です。

エビデンスはよくわかりませんが、マイクロで見ていると気持ちいくらいとれます。

 

 

 

さて、今月30日は徹夜会です。

内容は

柳沢 根管充填

北條 再根管治療 前編

です。

21:00~

場所はおなじみドクターブックセミナー室です!

ご興味のある先生、無料ですし来てみてください(^_-)-☆

トップへ戻る