根管治療は痛いのか?|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

根管治療は痛いのか?

投稿日:2018年9月5日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

例えばこんな歯の治療をするとします。

この歯は神経が自然に腐ってしまった、歯髄壊死という病名の歯に根管治療をしたものです。

神経は死んでいますので、削られても痛みはありません。

でも僕と小長谷は麻酔をします。

理由は、

『ラバーダムが痛い』

ことと

『神経の管の長さを測るときに歯のそとを一瞬つつく必要がある』

こと、そして

『生き残りの神経が万一残っていたら痛い 』←これは壊死症例、再治療では激レアです

 

ラバーダムから解説します。

ラバーダムは

こんな感じで金属を歯と歯茎の間に食い込ませます。

これが歯茎に刺さる感じはあり、痛い( 一一)

ただ、巷の先生はラバーダムしないので、これは一般的に関係ないでしょう

巷の先生が麻酔しない理由は

『麻酔が保険で算定できないから』

というのもあります。

当院では小長谷が保険で根管治療してくださっていますが、サービスでやってます。

 

理由2のつつく必要がある問題ですが

こうやって、神経の管の長さをはかるとき、必ずX線写真で僕は確認しています。

それは、電気で長さを測る、根管長測定器というのは誤差がすごいんです。

しかし、根管長測定器でかなり信頼性が高い長さがあり、それが、

『器具が神経をとびだした瞬間』

になります。

なので、私はその長さを信用し、本当にまちがっていないかレントゲンで見てるんですね。

そのちょっと飛び出る瞬間はやはり痛いです。神経死んでてもいたいです。

で最後の生き残りの件ですが

むかしご紹介したこの症例。

なんと熱いものがしみていました

しっかり長さをはかりました

美しい根管充填(笑)

熱いものはしみなくなりました。

これ、麻酔しないと激痛です。

 

術中の痛みの原因を大まかにあげました。

他にもありますので、過去のブログ参照!!

トップへ戻る