根管充填されていないように見える症例はパーフォレーションしていることが多い

投稿日:2017年1月28日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

DB221021_170127144857(調整後)

いつも患者さんをご紹介いただいている先生から「セメントが邪魔で根管にアクセスできません」とのご相談をいただき、拝見させていただいた症例です。

DB221021_170127144857(調整後)なーんだか怪しいですよね

案の定

DSC01616

確かに、深い所にセメントが

DSC01617セメントをとると

DSC01617あちゃー

でかい穴空いてました。

なんで、昔の治療の時に根管充填しなかったというと、根の先まで器具が到達せず、関係ない所に穴をあけちゃったから、そこを根尖として治療するしかなかったんですね・・・

DB221021_170127152516(調整後)

本来の根管を見つけてネゴシエーション

この時のコツは、マイクロがない先生は無理しないで僕に紹介してください。2次災害でホープレスになります。

マイクロがある先生は伝メスの先が細い棒になってるやつで肉芽切って、からからに乾燥して、ゆっくり本来の根管にファイル入れていただいて、ルートZXで作業長決めていただけますと良いと思います。

何回も来てくれる患者さんならば、さきにパーフォレーションをMTAで埋めて、後日そこから作業長を決めるほうがいいでしょう。

僕は遠くから来てくれる患者さんが多いのでカラカラにして作業長決めて、全部MTAで埋めて紹介元の先生にお戻しすることが多いです。

 

いつもブログを読んで下さっている先生方、本当にありがとうございます。

株式会社モリタ様のメルマガはお読みでしょうか?

スマイル+

私の渾身のメルマガがランク圏外でございます!!笑

無料なので本当にお願いします!!

人気がないのがモリタ様にばれてしまいます!!

マイクロの使い方、スタッフと衝突した時の対処、などなど、僕が勉強会や飲みの席で相談を受ける内容を分かりやすく少しふざけながら書いております。人助けだと思って登録お願いいたします!!

03-6262-3646