根尖付近で二股に分かれている根管治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

根尖付近で二股に分かれている根管治療

投稿日:2018年9月28日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

根管治療の最中です。

作業長というものを決定しているところです。

この作業は非常に重要で、カーナビで言う、ゴールの設定に近いものです。

ここまでくればあとは

拡大号数を決定し、次亜塩素酸、EDTAでしっかり洗浄し、

最近はXPエンドも併用して根管充填しています。

 

さて、この作業で気づいたのが

なんと先端が二股に分かれています!!

これは根管充填するまで気が付きませんでした。

よく洗浄できていると、シーラーがこのようなところに流れ込みます。

シーラーは意図して出しているわけではないのですが、こんな感じで出ているとあとでびっくりしますね。

 

下顎の5番は10%が2根と言われており、私も過去のブログで何度かとりあげた気がしますが、こんなさきのほうで分かれているとふつうは気が付きません。

厳密には2根と呼ぶには根尖分枝と言った方が正確でしょうか。

トップへ戻る