意外と難しいインプラント|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

意外と難しいインプラント

投稿日:2018年5月30日

カテゴリ:院長ブログ

ヘミセクションしてあるブリッジの破折症例です。

抜糸してインプラントを計画しました。

このような症例、簡単そうですが、油断すると難しいです。

同難しいかというと、

『骨が抜いたばかりで未成熟だと柔らかいので、近心にドリルが振ってしまう』

からです。

被せ物でリカバリはできますが、のちに7番も抜歯になると、ちょっと厄介です。

シンプルな症例ですがステントを作って

ど真ん中に入れてあげるといいですね。

 

アメリカではインプラントは歯周病医や歯内療法医が行うことが多いです。

歯内骨内インプラントなど、歴史的に歯内療法はインプラントと関わってきたからみたいですね。

 

トップへ戻る