意図的再植のつづき

投稿日:2014年9月3日

カテゴリ:院長ブログ

昨日は急きょ、飲みに行かせて頂くことになり、ブログを中断して飲みに行くという暴挙に出てしまいまして、本当に申し訳ありません。

あ、診療はきっちり9時までやりましたよ!!

では、昨日の続きです。

 

Andrezenの81年の実験で、

写真 (21)

グループ1は固定期間6週、グループ2は固定期間2週、グループ3は固定期間0で、骨癒着、根吸収を調べた表です。

固定期間は短いほど良く、何なら固定しないのがベストという実験結果に。

再植は、移植(親知らずをどこかダメになったところに植え替える)と違い、適合はかなりいいはずなんですね。

で、根が湾曲してたりすると、もう、縫う必要なしなわけです。

もちろん、抜けそうな場合は、縫います。

でもスーパーボンドでがちがちは、だめなんですね。

ブログ、夜に書くのは良くないですね~笑

03-6262-3646