意図的再植とは

投稿日:2018年2月7日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療) 院長ブログ

神経の管の治療を行ったあと、予後が悪かった場合、外科的に悪い部分を切り取る、

『外科的歯内療法』という処置を行います。

基本的には歯茎を切らせてもらい、根の先3mmを切り、神経の管に3mmのMTAをいれるのが一般的ですが上下の7番(一番奥の歯)はこれの適応外になります。

その理由は、奥すぎてマイクロスコープの光軸が届かないということが主なのですが、では7番の場合、どうやるかというと

『1度抜歯して、口腔外で悪いところを切り取る』

意図的再植というやりかたで治療します。

こちらのケース。写真右側の歯になります。

根管治療を行いましたが、治癒しません。

7番なので、再植をすることにしました

術後1年。

綺麗に治癒しております。

 

しかし、再植にはデメリットがあり、抜歯時に歯を折ってしまうと戻せないということがあげられます。

根管治療をした歯はそもそも割れやすいため、そーっと抜いても途中でぱきっといってしまうことがあります((+_+))

私もなんどかそのような経験をしたことがあり、7番の根管治療はいつも緊張します。

なるべくなら外科に頼らず治したいところですね。。。

 

03-6262-3646