審美修復について(ラミネートベニア)|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

審美修復について(ラミネートベニア)

投稿日:2014年7月31日

カテゴリ:院長ブログ

ラミネートベニアと聞いて,ぴんと来る人は間違いなく歯科関係者ですね。

ラミネートべニアとは、前歯の表面をうすーく削って、セラミックの付け爪みたいなのをペタッと貼り付ける治療です。

若干の歯列不正も補正できます(ほんのちょっと)。歯を削る量は比較的少ないため、低侵襲と言われています。

接着の概念が目覚ましく変わってきた近年、増々、ラミネートべニアの患者さんは増えていきそうですね。

レジンでダイレクトにやる、ダイレクトべニアというやり方もありますが、年単位で考えると、やっぱりラミネートべニアでしょうね。

写真 (11)

枝豆をラミネートべニア修復の代わりに使用した症例です。審美的にご本人は大変満足されている様子です。

施術後、患者さんは非常に満足されて、夜の街に消えていきました。

(注意:当院では、枝豆によるラミネートべニア修復は行っておりません。)

今日のブログはいつになく真面目ですね。

トップへ戻る