大きな穿孔(パーフォレーション)を有する歯の根管治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

大きな穿孔(パーフォレーション)を有する歯の根管治療

投稿日:2018年10月31日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

病変が大きく、歯の周り全体の骨が溶けて黒く見えます。

この、何かが漏れているところ、ここは(穿孔)パーフォレーションというもので、歯から骨に向かって穴が開いてしまった状態を指します。

1年後。

綺麗に治っていますね。

このような歯は凄く難しいです。

まず、穿孔部はなぜ骨吸収がこんなに進むのか。

 

それは、骨が異物に対しすごく敏感な組織であることが原因と言えます。

また、穿孔部から、根管充填剤に付着している菌が多量に骨に出ていくことも原因と言えます。

 

通法では、穿孔部はMTAというセメントを充填する方法一択と言えます。

昔はスーパーボンドなどで埋めていたのですが、やはり骨を誘導する素材はMTAだけですので治りは段違いでした。

現在、バイオセラミックなどの新しい素材と呼ばれるものが沢山ありますが、基本的にはMTAと同じです。

私が研修医時代、指導医の先生が歯根端切除術の時に、逆根管充填でアマルガムを使ていましたが、あの症例はどうなったんだろう・・・( ;∀;)

 

穿孔部封鎖の動画も近いうちにアップしたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

 

トップへ戻る