大きな病変を有する複数歯の根管治療|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

大きな病変を有する複数歯の根管治療

投稿日:2018年10月9日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

かなり大きな病変があります。

下顎前歯5本が根管治療+セラミックにて修復されていますが、すべての歯が根尖病変があります。

さらに左下2はすでに抜歯されていましたが、その歯の治療のときに飛び出したであろうビタペックスか何かが骨内にあります。

下顎前歯は通常、虫歯になりにくいです。

この患者さんはクイック矯正で神経をとり、セラミックで被せて矯正したので被せ物になっておられます。

本来、削られる必要すらなく、抜かれる必要もなかったと考えられます。

再根管治療の原因の多くが医原性のものです。

全ての歯科医師に正しい術式と知識があれば、と悲しい気持ちになります。

根管治療後、なんとか骨も再生しましたが右下2番は他院様で抜歯したようでした。

治療前、かなりシビアなケースで治療介入を悩まれるケースでしたが無事治りよかったです。

 

審美も大切ですが、もっと大事なものが私はあると思います。

歯の健康を守るのが我々の責務だと思いますが、歯をだめにしちゃだめですよ・・・( ;∀;)

 

 

トップへ戻る