大きな根尖病巣がある歯は外科しないと治らないのか|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

大きな根尖病巣がある歯は外科しないと治らないのか

投稿日:2016年3月31日

カテゴリ:根管治療(歯の神経の治療)

PBN1069_151008125305(調整後)右から数えて3番目の歯

26番の治療の依頼を頂き、トライすることに。

コア、ガッタを外し、デンタルで診ると

DB106922_151120170754(調整後)

目茶苦茶でかい病巣が・・・

 

昔、この歯は抜歯しますと別の先生に言われたそうです・・・

 

ただ、私からすると、前歯は外科がしやすいし、抜くにはもったいないくらい歯も残ってる・・・

 

外科まで考えてくれる患者さんなら、何とかなるはずと考え、治療開始!!

 

DB106922_160331133019(調整後)3か月後

メッチャ骨出来ましたね!!

 

MTAでがばがばの根尖孔を蓋して移行的すぎるファイバーコアを入れました。(←ツッコむところです)気泡が少々気になりますが・・・

 

よく、大きな病巣を見ると、「これは嚢胞だ!抜歯しかない!」とおっしゃる先生もいますが、実は、

50% 歯根肉芽腫

35% 根尖歯周膿瘍

15% 歯根嚢胞

となっております。(Nair PN 1998)

そして、治らない=歯根嚢胞 ではなく、病理組織を確認しないと実際の所、わからないのが現状です。

治らない原因は根尖孔外のバイオフィルムだったり、側枝が問題だったり、根尖の破折だったり・・・

 

まあ、外科をやらずに残せて良かった(^^♪

 

トップへ戻る