外傷による内部吸収は恐ろしい|東京日本橋の歯医者|ほうじょう歯科医院新日本橋

保険診療でも、マイクロスコープ使用の精密治療を

歯を抜かない歯内療法

お問い合わせ・ご相談

担当医の希望はあらかじめお申し付け下さい

03-6262-3646

東京都中央区日本橋本町4-1-1 加島商館ビル2F

外傷による内部吸収は恐ろしい

投稿日:2018年10月10日

カテゴリ:院長ブログ 根管治療(歯の神経の治療)

当院には歯をぶつけて気が付かないうちに神経が死んでしまい、さらに内部吸収を起こしたために抜歯を宣告された患者さんが沢山来てくれます。

例えば以前ご紹介したような、この症例

根管のなかにポコッと充填されているのがわかりますね。

このようなケースは通常、形成が難しく、根管充填も大変です。

私もマイクロスコープがないと全然掃除できません・・・

今回はもっとハードな吸収を起こしたケースを見ていきましょう。

内部吸収が激しすぎて根管の長さが測定できませんでした。

MTAにて根管充填しました。こうしてみると内部吸収の大きさの凄さがわかります。

 

ここまでくると抜歯もチラつきます・・・

こうならないためにも、外傷後は年単位で定期的に歯科医院でレントゲンで予後を追った方が良いでしょう。

トップへ戻る